映画「キャロル」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, キャロルの紹介:2015年イギリス,アメリカ,フランス映画。アカデミー賞6部門ノミネート作品。1950年代のニューヨークを舞台に、裕福な家庭の人妻とフォトグラファーになる夢を抱いた女性の恋愛ドラマ。作家パトリシア・ハイスミスの小説を基にした作品。 映画『キャロル』のネタバレあらすじ結末と感想。キャロルの紹介:2015年イギリス,アメリカ,フランス映画。アカデミー賞6部門ノミネート作品。1950年代のニューヨークを舞台に、裕福な家庭の人妻とフォトグラファーになる夢を抱いた女性の恋愛ドラマ。 それで、ああ冒頭に繋がるのか!ってなります。, それで、本当に最後のラストシーン。 翌日、弁護士に呼び出されたキャロル。離婚したくないハージは、リンディの共同親権から単独親権へと変更し申し立てをしてきた。 日本であの役をやるとしたら誰だろう? 『Disney's クリスマス・キャロル』(ディズニーズ・クリスマス・キャロル、原題: A Christmas Carol)は、2009年のアメリカ映画。原作はチャールズ・ディケンズの小説『クリスマス・キャロル』。監督はロバート・ゼメキスであり、『ポーラー・エクスプレス』、『ベオウルフ/呪われし勇者』を更に発展させたCG技術が使われる。3D版も上映される。, スクルージ&マーレイ商会を営んでいた初老の男スクルージは冷酷で無慈悲な人間で、彼を知る者の多くはエゴイストのスクルージを忌み嫌い、仕事仲間であったマーレイの葬儀の際にも布施を出し渋るばかりか、亡骸の瞼に置かれた冥銭を持ち去るほど金に取り憑かれた男であった。, 葬儀から7年後のクリスマスイブの夜、亡霊となったマーレイが彼を訪ねてきた。生前、会計事務所に篭って人生を無駄にした自分の愚かさを嘆き、犯した罪の分だけ重く長くなった鎖に囚われた自らの姿を指して、このままでは「お前も同じ運命を辿る」と忠告をしにきたのだ。そして「お前のもとに3人の精霊が現れる」と言い残して去っていく。, 程なくして最初の精霊がスクルージの前に姿を現した。彼はスクルージの過去のクリスマスの精霊だと自らを名乗った。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Disney%27s_クリスマス・キャロル&oldid=79956514. こっちにも獲って欲しい。, 女優賞の方も主演と助演ノミネートされてて、まあケイト・ブランシェットの方は獲ったことがあるので、ルーニー・マーラには獲らせてあげたい。, あとこの『キャロル』とパトリシア・ハイスミスについて、ラジオたまむすびで町山さんが語ってる話が面白いです。 “メリークリスマス!トランクを開けてみて”と言われ、開けてみるとカメラとフィルムが入っていた。, キャロルの悩みを聞き、力になりたいと思うテレーズ。そんなテレーズをキャロルは2人だけの旅に誘うのだった。. 家にテレーズが戻ると、キャロルから電話が! 映画のあらすじ解説の総合メディア。現在、8000作品以上を掲載中。ネタバレを含めてストーリーを結末までわかりやすく簡単に解説。公開予定や上映中の最新映画の感想・評判・口コミも紹介しています。, 2016/9/16 本作「キャロル」は多くのコメントにあるように、秀逸な恋愛映画です。 久々に映画らしい映画をみた!といえる仕上がりです。 弛緩しない時間のながれ; 女優の美貌と演技; 気配りのきいた美術; 予感に満ちたオープニングとエンディング; 抑えた音楽 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こうして、2人は西へ向かって旅に出た。クリスマス気分が高まる中、テレーズはキャロルに以前、ピアノで奏でたビリー・ホリデイのジャズ・ナンバーが収録されたレコードを贈った。, 一方、キャロルの夫は、アビーの家を訪れ、キャロルを必死に探していた。 その食事の席で、キャロルはテレーズに“一緒に住もう”と提案した。だが、テレーズは出来ないと初めて断るのだった。, 2人が会っているところに、テレーズの友人ジャックが現れ、パーティに行かないかと誘ってきた。キャロルは、振られたと思い、テレーズの前から去ってゆく。, テレーズは、友人ジャックと共にパーティへ行くが楽しむ気持ちになれない。そこで、自分の気持ちに正直になろうと考えた。, テレーズが向かった先は、キャロルがいるレストランだった。ゆっくりと近づいてゆくと、キャロルもテレーズに気づき、優しく微笑むのだった。, 映画『キャロル(2015)』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む, 同性愛をテーマにした映画ですが、いやらしさはなく、純愛として観ることのできる作品です。ケイト・ブランシェットの気高く男っぽい存在感や、ルーニー・マーラの純粋で揺れる感情の表現など性別を超えて、胸に響いてきます。, 1950年代のアメリカの雰囲気がよく表現されていて、特に主演2人のファッションは見どころの1つです。毛皮のコートをまとったおしゃれなマダム感溢れるケイト・ブランシェットとシンプルで落ち着いたトーンでまとめられた服を着るルーニー・マーラ。, 大人の女性に惹かれ、恐る恐る禁断の恋へ進んでゆく、テレーズ役のルーニー・マーラが本当にかわいくて彼女の成長物語としても楽しめます。, 女性陣の演技にばかり目がゆくと思いますが、キャロルの夫やテレーズの恋人など男性が同性愛に対してどう考えていたかという態度を知るのも興味深い。娘を渡さないために“盗聴”というやり方で追い詰めるキャロルの夫の態度にはやりすぎだと感じるかも。, 「キャロル」は、監督が1950年代の雰囲気や美にこだわり作った点とケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの2大女優の競演が見事に調和した作品だといえよう。, デビット・フィンチャー監督の「ドラゴンタトゥーの女」で人気となった、ルーニー・マーラ。, 北欧版もありますが、ダニエル・クレイグとの共演で、セクシーで存在感のある演技を魅せました。体当たりな演技に挑戦するという印象がありますが、本作でもそれは変わっていません。, 特に女性同士の恋愛シーンでは、美しい体をいかんなく魅せ、ケイト・ブランシェットの存在感にも負けない迫力があります。, 本作は、アカデミー賞候補作にノミネートされ話題になりました。残念ながら受賞には至らなかったものの、同性愛に対する見方が本作で変わることを願っています。, ケイト・ブランシェットが貫録の演技を魅せ、純粋な女の子が禁断の恋にはまってゆくさまを熱演したルーニー・マーラ。この2人の演技に胸が熱くなるのではないでしょうか。, また1950年代という時代性やファッションにも心が奪われます。 『キャロル』は2015年の映画。『キャロル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。 キャロルと親友のアビー(サラ・ポールソン)との親友以上の親密さやテレーズとの関係を理由にして、母親としての適性に欠けるという口実で、ハージの元に戻らなければ二度とリンディには会わせないと脅してきているのだ。審問まで当分の間は娘とは会うことを禁止されてしまうキャロル。その夜、クリスマスプレゼントの高価なカメラを手にテレーズのアパートを訪れた。そして魅かれあうふたりは、心に正直に生きようとして、思いつくまま西へと向かう旅に出るのだが──。, こちらの作品、劇場でも事前に予告編とか観てたと思うのですけど、全く頭に入っておらず、公開間近、アカデミー候補になっても全くのノーマークだったんですが、『太陽がいっぱい』『見知らぬ乗客』のパトリシア・ハイスミス原作と知って観に行った次第です。, 『太陽がいっぱい』は面白かったですからね。 多部ちゃんかな?とか思って観てました。, ケイト・ブランシェットの方はちょっと想像つかない。 2019/5/30 2016年 19作品目 累計23800円 1作品単価1253円, 40代・男性・東京在住 “(同性に恋することは)誰にでも起きることだと思わない?”とも言ってみるが、彼氏には理解できないようだ。, やがて、クリスマスを迎え、キャロルがテレーズの家に遊びに来た。 あの台詞回しに声のトーン、発音とかホント凄いです。 『見知らぬ乗客』も白黒だったでしょうか、ヒッチコック作品で面白かったですね。, それで事前にレズの映画だとは分かってたんですけど『アデル、ブルーは熱い色』よりよかったです。, ベッドシーンまで結構溜めますが、その溜めもよかったですし、アデルより時間はかなり短いですが、映倫区分PG12で留まったのはすごいですね。, それでレズがメインの映画ではありますが、冒頭の地下鉄の排気口から流れるような長回しのカメラから始まって、とにかくカメラがいいです。, 50年代の雰囲気のセットも凄くいいんですが、撮り方とかも50年代の映画っぽいんですよね。 The Weinstein Company Acquires U.S. Rights To Todd Haynes-Helmed ‘Carol’, Weinstein Co. Acquires U.S. Rights to Todd Haynes' 'Carol', Cannes: Todd Haynes Says Lesbian Breakout 'Carol' Is About "Love Itself as Something Criminal" (Q&A), 5 things we learned about 'Carol' at NYFF, 'Carol' Producer Christine Vachon Talks Being Queen of the Croisette, Rooney Mara replaces Mia Wasikowska on Carol, ‘Carol’s Quest: Lesbian Drama’s 15-Year Journey To Cannes, Cate Blanchett, Rooney Mara & Todd Haynes On Bringing ‘Carol’ To Life – Cannes Video, Carter Burwell Scoring Todd Haynes' 'Carol' & Danny Elfman Bound To 'Fifty Shades Of Grey', Sarah Paulson Joins Todd Haynes Pic ‘Carol’ (EXCLUSIVE), Chad Lindberg Catches ‘Midnight Rider’; Cory Michael Smith Joins ‘Carol’; Penelope Mitchell Added To ‘The Fear Of Darkness’, 'The Office' Actor Joins Cate Blanchett, Rooney Mara in 'Carol' (Exclusive), Production Starts Today on Todd Haynes’ ‘Carol’ Starring Cate Blanchett, ‘Not Fade Away’ Star John Magaro Joins Rooney Mara in ‘Carol’ (Exclusive), 'Portlandia's' Carrie Brownstein Joins Cate Blanchett in 'Carol' (Exclusive), Carol Press Conference in Full - Cate Blanchett & Rooney Mara, Cate Blanchett, Rooney Mara to shoot 'Carol' movie here, 'Carol' filming starts at Eden Park overlook, 'Carol' filming ends early Friday morning, Academy Award winner Cate Blanchett filming in Lebanon today, Hamilton goes into time warp for movie shoot, 'Carol' filming continues Monday in Over the Rhine, http://www.afcinema.com/Ed-Lachman-ASC-parle-de-son-travail-sur-Carol-de-Todd-Haynes.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&lang=fr, Todd Haynes Discusses ‘Safe,’ Letting Go of the Past, Working With Julianne Moore, and ‘Carol’, Todd Haynes' 'Carol' Likely Headed For Fall Release, Plus New Image From The Film, Telluride 2015: 10 Must-See Films To Watch Out Of A Killer Line-Up, The New York Film Festival Sets 26 Films for the 2015 Main Slate, 59th BFI London Film Festival American Express® Gala announced as the UK premiere of Carol, 'Carol,' 'The Club' Win Honors at 51st Chicago International Film Festival, Todd Haynes Is Working On A Limited TV Series About The '70s 'Source Family' Cult, Plus First 'Carol' Reactions From Cannes, Cate Blanchett’s Lesbian Drama ‘Carol’ Sparks Early Oscar Buzz, Cannes: Cate Blanchett, Rooney Mara Drama ‘Carol’ Wins Queer Palm Award, Critic's Notebook: With Cannes Prizes, Coen Brothers Keep It Weird, Todd Haynes’ ‘Carol’ Wins Frankfurt Book Fair Prize for Adaptation, Gotham Awards Nominations: ‘Diary of a Teenage Girl,’ ‘Carol’ Lead the Pack, 51st Chicago International Film Festival Reveals Its Competition Winners At Awards Night, Colin Farrell and Rachel Weisz's latest project The Lobster leads the 2015 Moet British Independent Film Awards nominations with seven nods, ‘Carol,’ ‘Spotlight,’ ‘Beasts of No Nation’ Lead Spirit Awards Nominations, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キャロル_(映画)&oldid=80236979.

武豊 獲得賞金, 文教大学付属高校 進学実績, 高校サッカー 栃木, ダサダ ロケ地, 新潟江南高校サッカー部 掲示板, フェアゲーム Wiki, 加藤 士 津 八, ゼットン星人 セーラー服, 阪神タイガース スタメン 2020,