国家公務員の数を増やすべきという声もあるようですが、国の財政が厳しいため、それも難しいでしょう。, サウジアラビアは、国をあげてイスラム教の教えを遵守しています。食生活や女性の権利など、不自由を強いられることが何かと多い一方で、潤沢なオイルマネーを元にした手厚い社会保障を実現することで、国の体制を維持してきたと言えます。, しかしながら、近年の石油価格下落による財政悪化に加え、失業率も上昇。「お金持ちの国」ではなくなりつつあります。石油を輸入している日本でも、今後のサウジアラビアの動向には注意が必要でしょう。, 「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 ベルリンはとても素敵なところで、みんなは良くしてくれるし、ボクはここがとても気に入っているよ。 2011年のことです。 このヒト、日本円で「約260億円」のジャンボジェット、「ボーイング747」を長らく愛用してきました。 先ごろ(今月12日)、世界的な大富豪として知られるサウジアラビアのサルマン国王(81)が、勇躍、羽田空港へと降り立ちました。 そのあまりの「金持ち」ぶりに、列島が仰天したのは、記憶に新しいところで … 報道によると、総資産は180億ドル、日本円で「約20兆円」とのことですが… (うーむ… 野球場みたいな、バカでっかい駐車場かなぁ…?) そもそも「サウジアラビアの王子」の定義は、王族の男子なわけで、日本で言うなら「男性の宮様」のことで、皇太子かどうかではありません。 今のサウジアラビアの国王・サルマン国王は、初代サウード国王の25番目の息子です。 あまり父さんたちを 困らせないで、さっさと、電車を買いに行ってきなさい。, … どうですか? もう、拍手するしかありませんよね…。 日本の5倍の面積を持つサウジアラビア。中東に位置するその国の生活はどのようなものなのか、詳しく知っている人はそう多くないでしょう。, 今回は、サウジアラビアの生活水準や食生活を紹介します。サウジアラビアの生活がどんなものなのか、少しでも知っていただけると幸いです。, サウジアラビアは、国教としてイスラム教のワッハーブ派を制定しています。ワッハーブ派は、イスラム教の中でも厳格とされる学派です。, 国民はイスラム教以外の宗教の信仰は禁止されており、サウジアラビアの国籍を取得するためには、イスラム教への改宗が求められているほどの徹底ぶり。サウジアラビアの人々の生活は、イスラム教徒は切り離せないものとなっているのです。, ワッハーブ派は、シャリーアと呼ばれる法律の遵守を非常に徹底しています。よく知られているのは、偶像崇拝の禁止でしょう。唯一絶対神であるアッラーフ以外の像を拝むのは、神をけがす行為にあたるという考え方から、あらゆる偶像の崇拝を禁じているイスラム教。, ワッハーブ派であるサウジアラビアはその中でも特に厳しく、ポケモンやテレビに人が映ることさえも偶像崇拝にあたるとして、これらを禁じているのです。宗教が生活に影響を及ぼす範囲が非常に大きいと言えます。, サウジアラビアには、イスラム教最大の聖地メッカと、第二の都市メディナが位置しています。, メッカはイスラム教の開祖・ムハンマドの生誕地。ムスリム(イスラム教信者)は可能であればメッカへ巡礼する義務があり、毎年、犠牲祭には約300万人がメッカに集まります。, そして、メディナもまたムスリムがよく訪れる都市として有名です。メディナには、ムハンマドの墓でもあるモスク(イスラム教の礼拝堂)があります。これはイスラム教の歴史の中でも一番最初にできたモスクなのだとか。, メッカにあるモスクと同程度の100万人の収容が可能であるため、巡礼のついでに訪れるムスリムが多いそうです。, このように、世界中のムスリムが毎年訪れる都市がふたつもあれば、おのずとイスラム教の生活への密着度は高くなっていくでしょう。国教として定められていることに加えて、サウジアラビアは地理的にもイスラム教と関わりの深い国であると言えます。, イスラム教の女性がヴェールを身にまとっている姿は、我々日本人でも目にすることは多いのではないでしょうか。, 先ほど紹介したシャリーア(イスラム教の法律)では、女性の肌の露出を制限する文言があります。シャリーアを厳守するサウジアラビアでは、もちろんこの規定も遵守すべきものと見なされ、婚姻や血縁関係のない男性がいる場では、ヒジャブと呼ばれるヴェールを身に着けることが法律で義務化されているのです。, ヒジャブの着用に関しては、国によってはそれほど義務付けていないところもあります。しかしながら、シャリーアに着用義務の文言がある以上、それを絶対の教えとするサウジアラビアでは、必ず守るべきものとされています。, 「この服を着たい」という個人の意志の自由よりも、神の教えが最優先であるサウジアラビア。日本での生活が基準になれば驚くべきことでしょうが、現在でも、このような風潮が根強い国なのです。, ヒジャブ着用の他にも、サウジアラビアではシャリーアを根拠として女性の様々な権利を制限しています。, どの女性にも父親や兄弟など男性の後見人がついており、彼らが女性の重要な事柄に関する決定権を持っているのだとか。女性は近親者の付き添いがなければ外出することすら許されておらず、遺産相続も男性兄弟の半分しか認められていません。, また異性交遊も制限されており、結婚前に性交渉をした場合は死刑になることが多いとされています。その他にも、サウジアラビアでは不倫や強姦は死刑とされていますが、男性側は「女性が誘惑した」と言い逃れをすれば死刑を免れるため、女性側のみ死刑となることが少なくないとのこと。, 夫婦間での強姦は合法とされたり、一夫多妻制が認められていたりと、シャリーアでは様々な場面で女性の人権を侵害しているような規則が多く見られます。, もっとも、女性教育の機会も増えるなど変化もありますが、依然として女性の行動は男性と比べ制限されることが多い状況です。, サウジアラビアは、世界で唯一女性の車の運転を禁止する法律を定めています。運転禁止もシャリーアを根拠としており、違反した女性は、罰金などの刑罰が処され、多くの家庭では民間の運転手を雇わなければならない状態であったとか。, そのため、女性の運転解禁を求める運動が国内では近年特に活発になっており、デモ行動を起こしたことで処罰された女性も数多くおりました。, こうした状況を受け、2017年9月26日に、女性の運動を解禁するという国王令が発せられました。政府は、2018年6月までに法律を施行する予定であるとのこと。この法律では、女性が運転免許を取得する講習でも、取得後の運転の際も、男性の付き添いは不可である文言が設けられるそうです。, 国内では「女性が運転中、信号待ちで停止している時に男性と接触する可能性がある」といった反対意見も根強いようですが、女性の権利拡大の動きは、今後のサウジアラビアでも広がりつつあるそうです。, イスラム教が豚肉の摂取を禁じているのは有名ですが、サウジアラビアでもそれは同様です。豚肉は全面的に口にしてはならず、牛肉などその他の食肉も、ムスリムがナイフで屠殺したもの以外は食べられないなど、加工の過程でも様々な規定があるとのこと。, また、豚肉と同様に、アルコールもイスラム教の戒律に則って全面的に禁止されています。ノンアルコール飲料は禁じられていないようですが、アルコールが少しでも使用された料理や食品などは口にしてはならないそうです。, 一方で、この国ならではの食事もあります。米や肉、野菜を炊き込んだカプサという伝統料理(日本で言うピラフのようなもの)は国民食として広く食べられていますし、豚肉が禁止されている代わりに、ラクダの肉がよく売られているのだとか。, また、アルコールが禁止されている分、よく飲まれているのがコーヒーです。サウジアラビアでは、コーヒーを出すのは温かいおもてなしの象徴とされています。ガフアと呼ばれるアラビアコーヒーに、カルダモンやミルクを入れて飲むのが一般的だそうです。, 様々な禁止事項はありますが、イスラム教の戒律に違反しない範囲で、サウジアラビアでも食事は楽しまれています。, 世界2位の原油埋蔵量を持つサウジアラビア。油田のほとんどは政府と王族が管理し、良質な石油の売り上げによって莫大な富を築いてきました。一般的な国民は石油ビジネスに関わっていませんが、手厚い社会保障という形でその恩恵を受けています。, 国民は、学費の負担なく大学まで通うことができ、課せられている税金はサガート(貧しい人々に施すための税)のみ。消費税や所得税もありません。国民の7割が国家公務員で、最低限の労働で優雅な生活を満喫する人々が多いとされています。, しかしながら、近年は原油の価格低下に伴い、国の財政が悪化。また、若年層の人口増加により失業問題も深刻化しています。, サウジアラビアは国民の3分の1が外国人労働者と言われています。長年、いわゆる3Kの仕事は外国人労働者に依存してきたため、これらの労働にサウジアラビアの若者が就いたとしても長続きしないのだとか。

静岡県高校選抜 サッカー, Line その場で当たるキャンペーン, アフガニスタン 米軍, おじさまと猫 46話 ネタバレ, 海上自衛隊 死亡事故 2020, 将棋 持ち時間 食事,