前走のg3プロキオンステークスは、道中最後方付近追走で、4コーナーで上がっていくと、直線では上がり最速タイムで差し切り勝ちを決めました。 距離 :ダート左回り1,600m, 前走のG3エルムステークスは、道中抑えて中団やや後方を追走して、直線勝負にかけましたが、ジリジリとしか伸びず6着でしたね。, 3歳時にも夏に一度使って、秋のレースで勝利するというのがあったので、ローテーション的には今回も悪くないでしょう。, 今年に入ってからは馬券圏内が1度もないのが気がかりではありますが、外枠を引いて、前走のような競馬ならまくることも考えられます。, 前走のG1フェブラリーステークスは、4番手から前に行った馬を見ながら競馬をしましたが、直線では失速して14着に敗れました。, 元々気性難がある馬なので、前走鞍上の武豊騎手が、レース後に「初めて全然走らなかった。」とコメントしているように、気持ちが乗らなかったのかもしれないです。, 今回の長期休み明けはプラス材料で、休養期間がいいリフレッシュになって良い方向に向くと良いですね。, 前走のG3プロキオンステークスは、道中最後方付近追走で、4コーナーで上がっていくと、直線では上がり最速タイムで差し切り勝ちを決めました。, 前走は展開に恵まれたこともありますが、59kgの斤量を背負っての勝利は、さすがのG1馬でしたね。, 昨年のこのレースの勝ち馬で、その後の成績はあと一歩届かないレースが続いていましたが、崩れたレースはないです。, 追い込み馬なので、展開や馬場には左右されてしまいがちですが、確実に脚を使ってきますので、今年も警戒はしておきましょう。, 前走のG3平安ステークスは、4番手からの競馬で直線勝負にかけましたが、直線は上位馬に伸び負けて3着でした。, 前走はハイレベルの1戦で、年齢や58kgの斤量を踏まえると、十分好走したと言えるでしょう。, さすがに近走は勝ちきれなくはなっていますが、2017年のこのレース以外では、ダートのマイル戦で馬券圏外になっていませんでした。, このレースは1度も勝ちきれていないレースなので、相性がいいとは言えませんが、現在はむしろマイルの方がいいレースをしているので、悪いレースとも言えないでしょう。, 引退を撤回して今シーズンを走っていますし、賞金の高いレースでは仕上げてくると思います。, 前走のJpn1帝王賞は、果敢に逃げて直線も先頭で迎えましたが、2番手につけていた馬に執拗にマークされたせいか、後続の末脚に屈して4着でした。, 帝王賞はこの馬からすると、距離が長い印象でしたが、最後まで抵抗できたのは、今年に入って充実した証拠ですね。, 同じ先行馬のインティが内枠で、この馬は8枠15番という並びは痛いですが、他の中央勢は差し馬が多く、地方勢の有力馬もメンバー的に徹底先行ができる馬はいないと思います。, また、今のインティはそこまで絶対的逃げ馬ではなく、スタートやスピードはこの馬の方があるので、外枠からハナを奪えれば、チャンスは十分でしょう。, ▼マイルチャンピオンシップ南部杯の追い切り注目馬はこちら▼ 祖母リアルサファイヤは1989年フラワーカップ (giii)の勝ち馬。 その仔(母の半弟)に2007年フェブラリーステークス優勝馬で本馬と同じく松岡隆雄が所有していたサンライズバッカス、その半妹(母の叔母)サファイヤジョオーの孫にダート重賞4勝を挙げたマコトスパルビエロがいる。 はじめまして!追い切り予想をしているヒッキーです!このブログでは、重賞レースの注目馬考察と穴馬予想をしていきたいと思います!どうぞよろしくお願いします\(^o^)/!, マイルチャンピオンシップ南部杯2020の出走予定馬の見解についての記事になります。, 施行日:2020年10月12日(月) 競馬場:盛岡競馬場 休み明けを制し、重賞2連勝を飾ることができるか。 ... サンライズノヴァ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年のマイルcs南部杯覇者。連覇を狙った前走は4着に敗れるも、日本レコード決着で差し馬には厳しい展開だった。 サンライズノヴァは、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2019年のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)。, 11月26日、東京ダート1600mの新馬戦に鞍上戸崎圭太で出走。スタートで出遅れたものの鞍上が促して中団まで位置を押し上げると、先行する2頭をゴール手前で差し切って優勝し、単勝オッズ1.5倍の人気に応えた[1]。, 松若風馬に乗り替わっての出走となった12月17日の樅の木賞(500万下)では2番人気に推されたが、直線で前との差を詰め切れず、このレースがダート初戦だった同馬主のサンライズソアの3着に敗れた[2]。, この年の初戦として1月5日の500万下競走に出走。先団追走から外を周って直線半ばで先頭に立ち、後続の追走を振り切って優勝した[3]。次走には初の芝となる3月18日の若葉ステークスを選択したが、7番人気での6着に終わった。, ダートに戻った4月2日の伏竜ステークスは1番人気のリゾネーターに4馬身差を付けられ2着、5月21日の鳳雛ステークスはゴール手前で後続に差し切られ4着となった[4]。, その後は再び戸崎を鞍上に迎え、初の重賞挑戦となる6月18日のユニコーンステークスに出走。全日本2歳優駿の勝ち馬リエノテソーロが人気を集める中で2番人気に推されると、直線では大外から豪快に追い込み、2着に4馬身差を付ける快勝で重賞初制覇を飾った[5]。, この勝利もあって次走の7月12日ジャパンダートダービーでは1番人気の支持を受けたが、直線で伸びず6着に敗退。鞍上の戸崎は距離と地方特有の力のいる馬場を敗因に挙げ[6]、以降は主に東京1400 - 1600mの競走を中心に出走することになる。, 初の古馬混合戦となった10月9日のグリーンチャンネルカップはスタートで出遅れて最後方からの競馬となったが、直線では大外から前を差し切って優勝した[7]。しかし11月11日の武蔵野ステークスでは手応えがなく12着に大敗[8]、続く12月9日の師走ステークスも2着となり、この年を終える。, 1月28日の根岸ステークスから始動、高い府中適性が評価されて1番人気に推された。ハイペースの中で中団に位置を取り、ゴール手前で先頭に抜け出したが、外から追い込んできたノンコノユメとの叩き合いにハナ差で敗れて2着となった[9]。, 次走2月18日のフェブラリーステークスでは昨年の優勝馬ゴールドドリーム、7連続連対中のテイエムジンソクに次ぐ3番人気となったが、上位3頭から3馬身離された4着に終わった[10]。, その後は4月21日のオアシスステークス[11]、5月26日の欅ステークス[12]と連続して東京の短距離オープン競走に臨み、共に1.8倍の圧倒的な支持を受けたものの先行馬を捉えきれず連続2着。しかし6月9日のアハルテケステークスで差し切り勝ちを収める[13]と、休養を挟んで出走した10月8日のグリーンチャンネルカップでは最後方から直線だけで13頭を差し切って優勝[14]、11月10日の武蔵野ステークスでも最後方から先行勢を差し切り、3連勝で重賞2勝目を飾った[15]。なお、オアシスステークスから武蔵野ステークスまでの5戦(全て東京競馬場)では全レースでメンバー中最速の上がり3ハロンを記録している[16]。, 8戦ぶりの東京以外での出走となった12月2日のチャンピオンズカップでも後方からの競馬を選択したが、ルヴァンスレーヴ・サンライズソア・アンジュデジールら先行勢の上位争いには加われず6着に敗れた[17]。, 前年に引き続き1月27日の根岸ステークスから始動。1番人気に推されたが、追い出されてからの反応がなく8着に大敗。鞍上の戸崎は「これだけ負けるのは久々」[18]、「はっきりとした敗因が分からない」とコメントした[19]。, 続く2月17日のフェブラリーステークスでは6番人気まで人気を落とし、最後は伸びたものの7着に終わった。(詳細は第36回フェブラリーステークスを参照)次走は3歳時のジャパンダートダービー以来の地方戦となる5月29日のさきたま杯に出走したが、前との差を詰められず4着となった[20]。7月7日のプロキオンステークスではマテラスカイがハイペースで引っ張る展開を後方から追走し、直線では後方三番手から一気に追い込んで4着に入線。約2年振りのコンビとなった鞍上の松若は「結構流れが速くて脚がたまりませんでした。それでも最後は地力で来てくれました」とコメントした[21]。, 次走には10月14日のマイルチャンピオンシップ南部杯を選択し、鞍上に金沢所属の吉原寛人を迎えて出走。レースでは圧倒的1番人気に推されていたゴールドドリームと並ぶ形で先団の後ろに位置を取ると、3コーナーで外を周って一気に進出して直線半ばで先頭に立ち、最後は内のアルクトスを振り切って優勝[22]。前年の武蔵野ステークス以来11カ月振りの勝利をJpnI初制覇で飾るとともに、鞍上の吉原にとってもこれがJpnI初制覇となった[23]。, その後は連覇を目指し11月9日の武蔵野ステークスに出走したが、GI制覇による別定斤量59kgが影響して伸びを欠き5着に敗れ[24]、この年を終える。, 2月23日のフェブラリーステークスで始動。後方待機から4コーナーでは外を回される展開になったものの、最後は伸びを見せて3着に入り[25]、3年連続の同レース参戦で初の馬券圏内となった[26]。, 次走は武豊とのコンビで5月5日のかしわ記念に出走。7頭立てとなったレースではスタートで大きく躓いて後方からの競馬となり、直線では追い込んだものの前2頭との差を詰め切れず3着となった[27]。, その後は6月24日の帝王賞への出走を予定していたが、賞金順で除外された[28]ため目標を7月12日のプロキオンステークスに変更[29]。本レースは京都競馬場改修工事の影響で阪神での開催となっており、2017年の師走ステークス以来17戦ぶりの右回り出走となった[30]。トップハンデの59kgを背負ったレースでは後方2番手に位置を取ると、直線では大外から一気に追い込んで優勝[31][32]。上がり3ハロンはダート重賞勝ち馬歴代4位、「芝並み」の34秒4を記録した[33]。, 第8回 ライブリマウント / 第9回 ホクトベガ / 第10回 タイキシャーロック / 第11回 メイセイオペラ / 第12回 ニホンピロジュピタ, 第13回 ゴールドティアラ / 第14回 アグネスデジタル / 第15回 トーホウエンペラー / 第16回 アドマイヤドン / 第17回 ユートピア / 第18回 ユートピア / 第19回 ブルーコンコルド / 第20回 ブルーコンコルド / 第21回 ブルーコンコルド / 第22回 エスポワールシチー, 第23回 オーロマイスター / 第24回(JRA開催) トランセンド / 第25回 エスポワールシチー / 第26回 エスポワールシチー / 第27回 ベストウォーリア / 第28回 ベストウォーリア / 第29回 コパノリッキー / 第30回 コパノリッキー / 第31回 ルヴァンスレーヴ / 第32回 サンライズノヴァ, 【ユニコーンS】サンライズノヴァ異次元の末脚繰り出し4馬身差の圧勝 重賞初制覇 | 競馬ニュース, 【グリーンチャンネルC】(東京) 府中巧者サンライズノヴァが差し切り勝ち | 競馬ニュース, 【武蔵野S】1番人気サンライズノヴァ伸びず12着「今日は若さが出た」 | 競馬ニュース | 競馬ラボ, 【グリーンチャンネルC】サンライズノヴァが断然人気に応え連覇/JRAレース結果 | 競馬ニュース, 【武蔵野S】サンライズノヴァが人気に応え直線一気V 重賞2勝目/JRAレース結果 | 競馬ニュース, 【根岸S】人気のサンライズノヴァは8着大敗 戸崎「はっきりとした敗因が分かりませんね…」, 【浦和・さきたま杯】JRAウインムートが逃げ切りV 重賞2勝目/地方競馬レース結果 | 競馬ニュース, 吉原騎手の思い切った騎乗でサンライズノヴァがJpnI初制覇/マイルCS南部杯回顧(斎藤修) | 競馬ニュース, 【盛岡・マイルCS南部杯】サンライズノヴァが早めに動いて押し切りJpnI初制覇/地方競馬レース結果 | 競馬ニュース, 【フェブラリーS】サンライズノヴァ最速の末脚3着 初の馬券圏内へ | 競馬ニュース, 【大井・帝王賞 選定馬更新】ルヴァンスレーヴ・ミツバの騎乗予定騎手が決定 | 競馬ニュース, 【プロキオンS・後記】サンライズノヴァ "ケガの功名" V 帝王賞除外で見えた適距離 – 東京スポーツ新聞社, 【プロキオンS】サンライズノヴァ G1馬の底力発揮へ!右回りも心配無用 | 競馬ニュース, 【プロキオンS】サンライズノヴァが豪脚V 酷量59キロはねのけG1馬の貫録みせた | 競馬ニュース, 血統情報:5代血統表|サンライズノヴァ|JBISサーチ (JBIS-Search), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サンライズノヴァ&oldid=79980283, Hail to Reason 4×5=9.38%、Northern Dancer 4×5=9.38%.

フェニックス ダーツ メンテナンス方法, ミュゼ 全額還元, インドネシア カカオ 特徴, グローバルブルー 払い戻し保留, Nhk受信料 払わないと どうなる, 岡山 少年サッカー強豪, 中体連 都大会, トリプルヨーグルト 通販, 横浜サッカー協会 会長, ロッテマート 店舗 一覧,