不良馬場は馬場が渋ってスピードよりもパワーが求められるため、馬体重の重い馬を狙いたいところではないでしょうか。, ところが、馬体重の重い馬、すなわち身体の大きい馬は跳びが大きいため、不良馬場を苦手とします。, 不良馬場は脚が滑りやすく踏ん張りがきかない状態で、跳びが大きいと前のめりになってしまい力を発揮できません。, これは、芝とダートレースの両方に言えることです。 サウスヴィグラスは、「砂の短距離馬」として活躍したダート馬でした。, 自身と同じようにダートの短距離戦での活躍馬を多く輩出していて、ダートレースでは無視できない種牡馬です。, サウスヴィグラス産駒はダートの不良馬場で好成績を残していて、2017~2019年の馬場状態別成績を調べると、ダートの不良馬場において連対率170.%、3着内率29.2%となっていました。, 良馬場のときよりも良い成績なので、馬場状態が悪化したダートレースではさらに注目度が増します。 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ルーラーシップの血統情報:5代血統表に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 ルーラーシップ産駒(血統) の成績・回収率です。 過去5年間と最新年度(※)の傾向をまとめています。 ※2020/11/01現在 2015年-2019年 軸としての信頼度が高いので、3連複や3連単での軸として押さえておきたいところです。, 競馬は雨や雪の日でも行われますが、馬場の水分含有量が増えると良、稍重、重、不良の4段階で馬場状態が変化します。 ルーラーシップの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ルーラーシップ産駒の特徴まとめ; 個人的なルーラーシップ産駒の感想 血統. スタミナをいかに温存するかが、上位に来るための条件となってくるのです。, さらに、内ラチ沿いをロスなく回るためには、前にいる必要があります。 過去のレースでのタイムが遅いからといって、無視はできません。, 不良馬場では穴馬も上位に来る可能性が高くなるので、高配当的中を狙いたいところです。, 不良馬場では過去のデータでの予想が難しくなるため、血統面からアプローチすることも重要です。 もう一頭、2000mで1分59秒8がベストタイムだという馬がいたとして、速く走れるのは間違いなく前者です。, 競馬新聞などにもよく使われるスピード指数も前者の方が高くなり、人気をすることになります。, ところが、これはベストタイムなのでほぼ間違いなく良馬場での成績です。 身体の大きい馬は跳びも大きいので、馬場状態が悪いと滑ってしまい上手く力を発揮することができません。, また、不良馬場になると、馬場のどこを通っても同じになります。 Northern Dancer 5+5 × 4 父は日本ダービー(GⅠ)などGⅠ・2勝、重賞4勝し、種牡馬として数多くの活躍馬を送り出しているキングカ … スピードが出なくなってしまうので、後者の1分59秒8がベストタイムだという馬が逆転する可能性もあるのです。, このように、不良馬場ではタイムが遅くなるので、ベストタイムの遅かった馬にもチャンスが生まれます。 稍重や重馬場でも好成績を残しているので、ダートレースにおいては馬場状態を気にすることはありません。, 距離適性の傾向として、自身と同じように1300m以下のレースで活躍する産駒が多くなっています。 不良馬場では、キングカメハメハから連なる血統に注目です。, ルーラーシップ産駒を中心に、キングカメハメハが血統表に載っている馬に注目してください。, ダートレースの不良馬場において注目したい種牡馬が、サウスヴィグラスです。 不良馬場は、最も水分を含んでいる状態ということになります。, 2003~2005年の中央競馬の馬場出現率では、芝のレースでの不良馬場が2.1%、ダートレースでの不良馬場が7.9%と少なくなっています。 天候が悪いときには、スタミナだけでなく、精神力の勝負にもなります。, 馬によってはやる気を失ってしまい、最後まで本気を出さずに終わることもあります。 最も馬場状態の悪いときが、不良馬場です。, 「良」を基本状態として含水率で、馬場状態を判断していきます。 不良馬場のように馬場が酷い状態となると、枠順の有利不利がなくなります。, 枠順による有利不利がなくなると、内枠有利という競馬の基本に立ち返る必要があります。 ただし、より滑りやすいのは芝なので、芝のレースでは特に注意が必要です。, 不良馬場で積極的に狙いたいのは、内枠の先行馬です。 | 3歳牡馬クラシック最後の1冠「菊花賞(GⅠ・京都芝3000m)は、神戸新聞杯を完勝したレイデオロなどダービーの1〜4着馬が不出走。春の実績馬は皐月賞1着アルアインと同3着のダンビュライトが務めます。それに対して、夏の上がり馬はセントライト記念1着のミッキースワローと神戸新聞杯2着のキセキの2頭。この上位4頭が上位の人気に推される今年の菊花賞はどのようなレースになるのでしょうか?, 菊花賞に出走するダンビュライトとキセキはともに、現3歳世代が初年度産駒となるルーラーシップを父にもちます。初年度産駒からはまだ重賞勝ち馬こそ出ていないものの、ダンビュライトが皐月賞で3着に入るなどGⅠでも好走し、新種牡馬として上々のスタートを切りました。, 今回の記事では、この2頭のルーラーシップ産駒が菊花賞を好走することができるのかについて考察します。まずは「新種牡馬ルーラーシップ」について、その特徴をおさらいしておきましょう。, ルーラーシップは国内GⅠを勝つことはできません(2着1回、3着3回と好走)でしたが、香港の国際GⅠクイーンエリザベスCを制して種牡馬入りを果たしました。父キングカメハメハ×母エアグルーヴというピカピカの良血馬で、血統表の中に「サンデーサイレンス」の血をもたないことが最大の特徴です。日本競馬の歴史を変えたと名種牡馬サンデーサイレンス。その血をもつ多くの繁殖牝馬と交配できる種牡馬ルーラーシップは、大きな大きなアドバンテージをもっています。, 競走馬としてのルーラーシップはガッチリとした好馬体を誇り、重厚かつパワフルなストライドでズドーンと差す競馬を得意としていました。大跳びのゆったりとしたフォームのため、瞬時にギアチェンジをして加速することはできないものの、直線の長い東京や外回りコースで1F11.5ほどの速い脚を長く使うタイプの馬でした。, 産駒にもその特徴はしっかりと伝わり、ダンビュライトとキセキの活躍馬2頭は父に似た好馬体をもち、重厚なストライドで走ります。ダンビュライトは2歳の7月にデビューし、早い時期からマイル重賞でと好走しましたが、産駒の多くは完成が遅めで中距離に適性を見せています。, 競走馬時代のルーラーシップは「稍重〜不良」馬場の成績が(3 - 0 - 1 - 0)で、その内「不良」の金鯱賞とAJCCを完勝しているように、道悪馬場を大の得意としていました。パワフルな走法とともに産駒にも道悪適性は受け継がれていて、ダンビュライトは「不良」のデビュー戦を圧勝しています。, 今年の秋華賞はレース史上初めて「重」馬場での開催となりました。その日曜日から菊花賞まで京都はグズついた天気が続く予報(日照時間が少ない)で、馬場の回復がどうなるのかは不透明。また、週末に雨が降るようだと秋華賞と同じ重馬場になる可能性は十分にあります。, 近年のJRAの競馬場は排水設備が整っているため、降雨により馬場が悪化しても日差しが出ればすぐに「良」へと回復します。レースレコードの出た今年の皐月賞は前週に「重」まで悪化した芝が急速に回復し、高速の芝になったのは記憶に新しいところです。, ダンビュライトの母タンザナイトはマリアライトやクリソライトなどを産んだ名繁殖牝馬クリソプレーズ(父エルコンドルパサー)の半姉で、豊かなスタミナを伝えるキャサリーンパー牝系の出身。「稍重」のエリザベス女王杯と宝塚記念を制した重巧者マリアライトを筆頭に、この牝系は道悪馬場に適性をもつ馬が多く出ています。, ダンビュライトは「不良」になった2歳新馬戦を楽勝したことと、重巧者の父と母の配合からも「重馬場」はずんどばです。上り3Fの速さに限界のあるタイプで、時計のかかる馬場になるのも大きなプラス。高速馬場になりやすい京都の芝に不安があるだけに、ダンビュライトにとっては「恵みの雨」となるでしょう。, ルーラシップはすでにGⅠ馬を出している種牡馬ハーツクライと同じく母父がトニービンという血統です。もちろん、父も母系も異なるので一括りにできないものの、トニービンが伝えるスタミナと重厚なストライドは似ています。, ハーツクライ産駒はスタミナとスピードの持続力に優れ、ジャスタウェイ、ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルトと東京コースのGⅠを4勝。また、京都競馬場で行われる長距離GⅠ天皇賞・春は4年連続で2着と、スタミナを求められるレースに強いのが特徴です。, 先週の秋華賞2着に好走したリスグラシューを含めて、ハーツクライ産駒はこれまで京都芝GⅠの2着が9回あるものの勝利はありません。3コーナーから下り坂+直線が平坦で上り3Fの速い京都のGⅠは、スタミナと持続力に優れたハーツクライ産駒にとって鬼門と言えるレースです。, ルーラーシップも母父トニービンの影響が強く出ており、スタミナと持続力に優れます。そのため、京都のGⅠを好走したとしても勝ちきれるのかは「?」がつきます。, 皐月賞3着→ダービー6着という成績を上げた春の実績馬。秋の初戦となった神戸新聞杯は好スタートから積極的に2番手でレースを進め、直線早々に先頭へ立ったものの、レイデオロにアッサリと交わされて4着と敗退。上り3Fが34秒ソコソコのレースとなり、速い脚を欠くダンビュライトには苦しいレースとなりました。菊花賞は主戦の武豊騎手がどのように「上りのかかる」展開へもち込むのかに注目です。, GⅡ神戸新聞杯('17年)はルーラーシップ産駒の初重賞制覇に期待してダンビュライトに◎をーー予想 - ずんどば競馬, 母タンザナイトは仔世代に重賞馬が出ていないものの、初仔のモルガナイト(父アグネスデジタル)がGⅢ東京新聞杯を勝ったブラックスピネルを出すなど、その優秀な繁殖能力は孫の世代にもしっかりと伝わっています。母がNorthern Dancerの血ももたないため、ダンビュライト自身は5代血統表ではクロスをもたないアウトブリードの配合。父ルーラーシップの重厚なストライドをそのまま受け継ぎ、祖母キャサリーンパーを通じて豊富なスタミナを補完しています。強いクロスをもたないにもかかわらず2歳の早期から活躍したのは、この馬の競走能力の高さ(もちろん、世代レベルの高低もありますが)を物語っています。完成が遅めのルーラーシップ産駒+アウトブリードな配合ですから、ダンビュライトの成長力は抜群です。父譲りの重厚なストライドで走るため、コーナーがゆるく直線の長いコースがベストの馬。歴史的なスローになったダービーを観ても、上り3Fが10秒台に入るような瞬発力勝負は苦手なので、ゴールまでの1000mを1F11.5前後で走るようなレースが理想です。父系も母系もパワーに優れ重馬場は大得意ですから、もし菊花賞で雨が降ればこの馬にとっては「ベスト」の舞台が整ったと言えるでしょう。, 叩いた上積みが見込め、重馬場でのレースとなれば、父母から受け継いだパワーとスタミナをフルに活かせます。武豊騎手が上りのかかる展開にもち込むレースプランをしっかりと立てて臨むでしょうから、馬場が回復したとしても高速馬場にさえならなければ……。, 先にも述べたように、ルーラーシップはハーツクライと同じように京都の大レースを勝ちきれるのかは「?」がつくだけに、スタミナを問われるような流れのレースにもち込めるかどうかが鍵になります。, 3歳春は新馬戦を勝ち上がった後で足踏みし、GⅢ毎日杯3着など重賞でも強敵相手に好走したものの獲得賞金を積み上げることができませんでした。角居廐舎らしくその後は秋に備えてしっかりと休養に入ります。復帰戦となった平場の500万下と前々走の1000万下信濃川特別は圧巻のパフォーマンス。信濃川特別は速い時計の出る馬場だったとしても、勝ちタイム1分56秒9、上り3F32.9を手応え十分に楽々と差し切り、重賞レベルの走りを見せました。このレースで2着に入ったブラックプラチナムはOP級の素材ですから、これを問題にしなかったのは掛け値なしに素晴らしいの一言です。, 前走の神戸新聞杯は後方からレースを進め、直線で馬群を割るように鋭く伸びての2着。レイデオロとは現時点で力差を感じさせるレース内容でしたが、この馬だけが上り3F33秒台の脚を使っており、母父ディープインパクトらしい瞬発力を見せました。ルーラーシップ産駒としては上りの速いレースもOKの馬ですから、京都コースはダンビュライトよりも合っています。, GⅡ神戸新聞杯(2017年)はダービー馬レイデオロが貫禄を見せての快勝ーー現3歳牡馬のレベルは? - ずんどば競馬, 母ブリッツフィナーレは今春の安田記念で4着に入った素質馬グレーターロンドンの全姉で、競走馬としては未出走。繁殖牝馬としてはキセキ以外に目立った活躍馬は出ていません。祖母のロンドンブリッジは英ダービーを制した父ドクターデヴィアスよりも父父Ahonooraと母父Dangizのパワーとスピードで「ワァーっ」と先行するパワーマイラーで、産駒にもそのパワーを伝えます。キセキは脚が長く、いかにもルーラーシップという体型。追い出されると前脚をグングンと伸ばし、重厚かつパワフルなストライドでゴールまで走る姿はいかにも素質馬。前走の神戸新聞杯で上り33.9の脚を使ったように、このキレは父よりも母父ディープインパクトによるものでしょう。キセキのもつ瞬発力は、キングカメハメハ×トニービンのキレをもつ父ルーラーシップに対して、HaloとSir Ivorのしなやかさをもつディープインパクトの別方向のキレが付加されているイメージ。血統表に引く血の良い部分だけを抽出したような馬で、これは母系に引くAhonooraの異系の血がアクセントになって全体に活力を与えているのかもしれませんね。, 母系にHaloとSir Ivorを引くので、ルーラーシップ産駒としては京都の下り坂をそこまで苦にしない配合。瞬発力もあるだけに、直線が平坦な京都もOKです。, 前走の神戸新聞杯2着後に、陣営は中距離路線へ進むのか菊花賞に進むのかを協議し、結果として後者へ臨むことに決まりました。上り3Fの鋭さやレースぶりを見てもやはり中距離馬で、菊花賞が重馬場+上りのかかる展開になったときには不安が残ります。例年通りの高速馬場であれば、スタミナの質を問われないため問題はありません。, キセキの馬体はルーラーシップそのものですが、走りはディープインパクト。例年通りの高速馬場の菊花賞であれば、この馬の鋭い瞬発力を存分に活かせるでしょう。後は重馬場にさえならなければ……。, 重馬場の得意なルーラーシップ産駒として、ダンビュライトとキセキはタイプが異なります。前者は重馬場がドンとこいで上りの速いレースは苦手。後者は上りの速いレースが得意で馬場が渋ると不安が……。今年の菊花賞は重馬場になる可能性が5分5分なだけに、ダンビュライトとキセキのどちらに向くレースになるのかが興味深いですね。. 競馬は、天気がいい日だけで行われるわけではありません。 ルーラーシップ欧字Rulership漢字統治地位品種サラブレッド性別牡毛色鹿毛生誕2007年5月15日登録日2009年7月8日抹消日2012年12月26日父 ... ルーラーシップの血統: なぜなら、良馬場が圧倒的に早いタイムが出やすいからです。, これが不良馬場になってくると、走破タイムも当てになりません。 血統的にもキングマンボの系統やルーラーシップの母の父トニービンがかなりダートを苦手としていた種牡馬なのでこのあたりの影響を受けているのではないでしょうか。 これは、多くの人が頭で理解していることだと思います。, 例えば、2000mで1分58秒0がベストタイムだという馬がいたとします。 よほどの雨にならないと、不良馬場とはなりません。, あまりに酷い場合は「田んぼ」などと揶揄されることもあり、予想がより難しく感じてしまうかもしれません。, 今回は、不良馬場のレースでも馬券を的中させるために、不良馬場での予想ポイントや狙いたい種牡馬を紹介します。 それぐらい馬場が悪いので、内枠と外枠で言えばロスなく回れる内枠が有利です。, 芝の不良馬場でにおける注目の種牡馬がルーラーシップで、ダートの不良馬場の注目種牡馬がサウスヴィグラスです。 馬場状態によって、上位に来やすい馬とそうでない馬が変わってくるからです。, 不良馬場においては、馬体重の重い馬が不利だという傾向があります。 ルーラーシップの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ルーラーシップ(英: Rulership 香:統治地位)は日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2012年のクイーンエリザベス2世カップ。馬名の意味は「支配者の位、統治者の支配権」。 スポンサーリンク ルーラーシップはハーツクライと同じ母父トニービンという血統 ルーラシップはすでにGⅠ馬を出している種牡馬ハーツクライと同じく母父がトニービンという血統です。 ルーラーシップは父キングカメハメハ、母エアグルーヴという良血で、日本のG1は勝てませんでしたが海外G1のクイーンエリザベスⅡ世Cを制し種牡馬入りしました。, 2019年まで7年連続で200頭以上の種付けをしている人気種牡馬で、菊花賞馬キセキを筆頭に多くの活躍馬を輩出しています。, ルーラーシップ産駒は芝の不良馬場で好成績を残していて、2017~2019年の馬場状態別成績を調べると、芝の不良馬場において連対率20.0%、3着内率36.7%と非常に優秀な成績です。, 良馬場でも成績は残しているので、芝レースについては馬場不問と言えるかもしれません。, ルーラーシップの父であるキングカメハメハの産駒も、不良馬場の巧者が多いというデータもあります。 ブログを報告する, 非ノーザンF生産馬のキセキとモズカッチャンは有馬記念(2018年)を好走できるのか?ーー展望, 天皇賞・秋(2018年)はレイデオロやスワーヴリチャードなどの4歳馬が中心のレースに!ーー展望, 香港国際競走4レース(2017年)に出走する日本調教馬をズバっと解説!ーーヴァーズからカップまで, マイルCS(2017年)で重馬場適性のある馬を買うときに、注意をしなければいけないことは?, 天皇賞・春(2020) 過去の人気薄の好走馬から今年の注目馬(2桁人気)をチェック!ーー展望, 天皇賞・春(2020年) キセキと武豊騎手はトニービンの血を振り絞ることができるのか?ーー展望, フローラS(2020年)はウインマリリンが1分58秒7の好タイムで勝利!ーーレース回顧, マイラーズC(2020年)は高速馬場かタフ馬場か? 今年もインベタになるのか?ーー展望.

ウイニングポスト9 おすすめ史実馬 海外, 競馬 プログラミング 裁判, ゼットン 最強, 高校サッカー 選手権 鳥取, 藤井聡太 棋譜 解説, ロッテ 営業利益,