Copyright © 2009-2020 なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない者たちに支配されている」という言葉が今も重要なのか, 世界の科学者たちが導入中止の運動を続けている 第 5 世代移動通信規格「5G」の人体へ及ぼす強力な影響の真実, Asia Is About To Be Hit By The “Worst Oil Tanker Spill In Decades”, Sanchi Oil Spill Has Already Caused 'Serious Ecological Injury', 2008年の論文にすでに出ている「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、そして次世代のコロナウイルス SARS-CoV-3」の意味がよくわからないですので、おわかりになる方にお願いします, 携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表, 誰かが「ネットを使った若者の大量殺りくの実験」をしているかもしれない : ロシアのSNS「青いクジラ」で、これまでに少なくとも130人の少年少女が合理的な理由がないままに自殺, 「連鎖する地震」の渦中の環太平洋火山帯で、アメリカだけに起きない地震。そして、ますます関東大震災の年と似てきた雰囲気もないではない日本, 春の訪れと共に世界各地で突如として始まった群発地震は何かを示唆するのか? : イエローストーン、そして九州沖のトカラ列島やニュージーランドでも, 存在しない地球温暖化に対抗するために実施が計画されている「地球の気象への人為的介入 / ジオエンジニアリング」が、さらなる超寒冷化と生態系の壊滅的破壊を招く可能性, スーパー・ブルー・ブラッドムーンと共に始動するかもしれない「666」と「血の月の示唆」, 選挙のミステリーは続く : アメリカ大統領選の「州ではなく郡ごとのトランプ得票率の圧倒」に見る民意と現実の乖離が招く未来は, ヨーロッパ各地が二度目の完全ロックダウンに戻る中、英政府発表の内容に見る「確実に進行しているディストピアの中で生きなければならないこれからの人類」, アメリカ大統領選挙で「すでに死んでいるたくさんの人たちがバイデン候補に不在者投票している」ことが投票者情報と米国死亡者記録データから判明。ここまでする目的は…, アメリカ大統領選挙と同時に太陽に出現した「サイクル25最大の巨大黒点群」。今後、地球に向けて強い太陽フレアを放つ可能性あり, 地球の深部から謎の地震パルスが「26秒ごとに」正確に発生している。しかし、その理由を科学者たちは説明できない, マスク社会の悪影響のメカニズムが出揃った感。鼻呼吸の不足による「一酸化窒素の消えた人体」の将来。特に子どもたちの, 「健康という宗教」が世界中に拡大する中で強行された医療戒厳令。今や、医療と健康概念は神であり宗教となっているという現実, パンデミックは実質的に終わっているのに、いったい私たちはどこへ連れていかれようとしている?, 「永遠に心のフィールドで踊り続けて」 : PCRの発明者であるノーベル賞学者キャリー・マリス博士が述べていた抗ガン剤のメカニズム, 病気の子どもが多すぎる。そしてさらに肺疾患が増え、アレルギーが増え、骨折する子どもたちが増えていくのを看過しろと?, なぜ子どもたちの骨折が急激に増えているのかを調べてわかった「マスク、太陽光不足、過剰な消毒がすべて骨の脆弱化と関係している」こと, マスク社会がもたらす「本当のディストピア化が何か」に気づいた。それは表情を学ぶ機会を失った赤ちゃんたちによる「人の感情を理解しない人々の社会」の誕生, もし、あなたがコロナうつやパニック障害になった際にはどうするべきか。あるいは予防するには? メンタルヘルスの改善に確実に関係する三つの要素について. 2014年以降、メキシコ湾原油流出の深海への影響に関するほとんどの研究は終了した。 そして、2015年に、原油流出事故を起こした bp 社は、メキシコ湾の環境は自然に回復し、「原油流出前の状態に戻っている」と主張する声明を発表した。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 未曾有の事態となりつつある事象を起こした事故そのものは、今年 1月6日に発生した貨物船と石油タンカーの衝突事故でした。, 中国沖で6日に貨物船と衝突・炎上し、14日に沈没したイラン企業所有の石油タンカー事故について、中国国営メディアは15日、現場海域で最大約130平方キロにわたって油が流出したと報じた。環境専門家らは、海洋生物に深刻な被害を与える恐れがあると警鐘を鳴らしている。, 中国の交通運輸省によると、タンカーから流出した油は現在も燃え続けているという。中国共産党機関紙の人民日報は15日午後の時点で、現場を起点に長さ約18.5キロ、幅約7.4キロの範囲に油が広がっていると伝えた。, 米アラスカ州を拠点とする石油流出対策の専門家、リチャード・スタイナー氏はAFPに対し、「1週間にわたって爆発・炎上が続いた船体の損傷を考慮すると、貨物倉や燃料油貯蔵タンクのうち無傷で残っているものはなく、従ってコンデンセート(超軽質原油)と燃料のすべてが流出したというのが私の推察だ」と語り、1回で海洋流出したコンデンセートの量としては史上最多と指摘している。, 仮に流出したのが積載量の20%だったとしても、1989年に発生したアラスカ沖で発生した石油タンカー「エクソン・バルディーズ(Exxon Valdez)号」の事故の際の原油流出量に匹敵する規模だという。, そういうこともあり、「何とか問題なく収まったのだろう」と思っていましたら、唐突に、その後の状況が「極度に悪化する予測となってきている」ことを知りました。それを知ったのは海外の、たとえばロイターの報道であり、それを取りあげていたアメリカの人気ブログ、ゼロヘッジの記事だったりしたのです。, この数十年で最悪の原油流出被害といえば、2010年のメキシコ湾原油流出事故を思い出しますが、タンカーによる「史上最悪の環境事象」となりますと、, エクソンバルディーズ号原油流出事故は原油タンカーエクソン・ヴァルディーズが座礁により積荷の原油を流出させた事故。この事故はこれまで海上で発生した人為的環境破壊のうち最大級のものとみなされている。, それで、今回、中国沖で事故により沈没したタンカー「サンチ」号については、上の AFP の記事に出て来る専門家によれば、, というようなことになる「可能性」があるわけで、つまり、「これまでの史上最悪の海洋環境事故を上回ることが起きるかもしれない」ということになっているのです。, ・・・というのが、冒頭に示しましたもので、イギリスの海洋センターが、「緊急海洋模型シミュレーション」の実施をして発表した予測図によると、, 英国海洋センターが発表した3ヶ月後までの予測図が、ロイターに掲載されていますので、それをご紹介しておきます。, はっきりいって、このシミュレーション通りになってしまうと、いろいろな意味で壊滅的な状況になることもあり得るかもしれません。, 影響の色分けは、青や水色の海域は壊滅的な影響となり、茶色の部分は中程度の影響がある可能性のある海域を示しています。, How Sanchi's spill could spread ・Asia Is About To Be Hit By The “Worst Oil Tanker Spill In Decades” ・Sanchi Oil Spill Has Already Caused 'Serious Ecological Injury' 2週間ほど前に中国沖で発生した石油タンカー事故が、とんでもない状況を日本にもたらす可能性が大きくなっています。なぜか日本では報道が皆無の状態なのですが、海外では、さかんに「アジアの海の危機」として報じられています。 しかし、その予測地図を見ると、アジアといっても、「日本が最も大きな影響を受ける大災害となる可能性が強い」のです。 このこと … しても、大規模油流出事故発生防止対策及び大規模油流出事故発生時の流出油の防除対 策に万全を期す必要がある。これは、海洋環境の保全に資するのみならず、国民の生活 や財産の保護に寄与するといえ … F‰^—A‘åbj‚ðÝ’u‚µ‚½B インド洋のモーリシャスで日本の商船三井が運航する貨物船が座礁し、重油1,000トンが流出しました。対応を誤ると、日本は国際世論を敵にまわすことになります。 協力 Rapid Access International, Inc. 2017年3月, 2010年のメキシコ湾原油流出事故を受け、米国海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration: NOAA)は、当該事故による海面下への原油流入からメキシコ湾広域において海洋生物及び生態系が深刻な被害を受けたと発表した。石油流出への従来型の対応手法には、海面のすくい取りによる回収(surface skimming)や制御燃焼(controlled burns)などがあるが、このような手法では表面に浮いた石油を除去するのみで、海面下には石油が残留し生態系への被害は続くことになる。海面下に残留した石油の問題に対処するため、米国沿岸警備隊は、アルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory: ANL)に石油流出事故対策を支援する新技術の開発を委託した。, アルゴンヌ国立研究所は、イリノイ州シカゴ市近郊に拠点を置く分野横断的研究機関であり、持続可能なエネルギー、環境保護・保全を重点としている。1当該研究所は、シカゴ大学と連携し7年かけて海面下の石油回収対策を開発した。その成果が「Oleo Sponge」と称するスポンジである。2, 「Oleo Sponge」はアルゴンヌ国立研究所の科学者ジェフ・エラム(Jeff Elam)氏とセス・ダーリング(Seth Darling)氏が共同で創出した。二人はまずポリウレタン・フォームに着目し、「逐次浸透合成」(sequential infiltration synthesis: SIS)という工程を用いて、ポリウレタン・フォームに酸化アルミを塗装剤(プライマー)としてコーティングを施した。これが石油の吸着剤の役割を果たす。3このポリウレタン・フォームを覆う薄い層が石油のみをスポンジに吸収させるため、水中に混入した石油と周辺の水とを分離できる。研究者は7年間の試行錯誤の結果、ポリウレタン・フォームに代えてポリイミド・フォームを使用することにした。ポリウレタンが保持できる石油量はその重量の30倍であるのに対し、ポリイミド・フォームは90倍である。4, 「Oleo Sponge」は、石油流出対策及び再生可能エネルギーの試験が可能な「Ohmsett」という国立試験施設の海水水槽において試験を数百回繰り返し行われてきた。5科学者は「Oleo Sponge」を使って海面上及び海面下からディーゼル油及び原油の回収に成功した。毎回の試験終了後、「Oleo Sponge」を絞ると、回収された石油を再利用することができる。6このプロセスを継続的に繰り返し行ったが、「Oleo Sponge」は損耗する様子は見られなかった。このような性質は、現在の石油除去方法から劇的な改善である。現在の一般的な方法では素材は使い捨てであり、回収した石油の利用もできない。7, 「Oleo Sponge」の開発は流出した石油の除去を目的としたものであったが、同製品を他の様々な用途にも応用できる。例えば、港湾において海上交通から残留した油の清掃にも使える。また、逐次浸透合成により異なる塗装剤でコーティングすれば、別の物質の除去に応用もできる。8, メキシコ湾原油流出事故は7年前の出来事だが、生態系の清浄・回復作業は現在でも続いている。今後、「Oleo Sponge」が災害対応を迅速かつ効率的に行う手段となり、将来石油流出事故が発生した場合には環境への壊滅的被害を回避できるよう期待される。「Oleo Sponge」は5年以内に上市される予定であり、アルゴンヌ国立研究所は現在、当該製品販売のため投資家を求めている。, -----------------------------------------------------------------, プラチナ社会とは、課題解決型の次世代社会モデル。エコ産業、健康産業、知識産業の3つが連携した、新しい産業を創出します。. 世界 メキシコ 原油 の メキシコ 原油 復活はあるものの、目先は米国の メキシコ 原油 刺激策への期待に支えられ、画像価格は底固く推移する可能性があります。すべてのプロジェクトは米国の発表権法並びに国際防除にわたって対策されています。 @—¬o–û‚́C‚R“ú‚ɂ́CÅ‘å“ì–k–ñ15kmC“Œ¼–ñ18km‚Ü‚ÅŠgŽU‚µC‚»‚̈ꕔ‚ªìèŽs•‚“‡C“Œî“‡‹y‚щ¡•lŽs–{–q•u“ª‚É•Y’…‚µ‚½‚ªC„Ž‹‘D’øCŒì‰qŠÍCŠÖŒW‹@ŠÖ‚Ì‘D”•“™C330ÇˆÈã‚Ì“®ˆõ‘̐§iÅ‘åj‚ðŠm•Û‚µC’‹–é‚ɂ킽‚é–û‰ñŽû‘DC–û‰ñŽû‘•’u‹y‚Ñ–û‹z’…Ü‚É‚æ‚é—¬o–û‚̉ñŽû•À‚Ñ‚É‚»‚ÌŒø‰Ê‚ðŠm”F‚µ‚½ã‚ŁC•‚—¬–û‚̏󋵂ɉž‚¶‚½–ûˆ—Ü‚ÌŽg—p“™‚̉ñŽû–hœì‹Æ‚ðŽÀŽ{‚µ‚½Œ‹‰ÊC•‚—¬–û‚Ì”Z‚¢•”•ª‚Í‚S“úŒßŒã‚XŽž30•ª‚܂łɁCŠT‚ˉñŽû‚³‚ꂽ‚±‚Æ‚ªŠm”F‚³‚êC‚U“ú‘’©ˆÈ~C•‚—¬–û‚ÍŠm”F‚³‚ê‚È‚­‚È‚Á‚½B 原油の流出量については,運航者側の報告等から,14,000~15,000klと推定したが,その後,運航者側が,タンクの状況を精査した結果,流出したと予想していた原油が,隣の空のタンクに移動していることが判明し,最終的に約1,550klであることが確認された。 米史上最大の原油流出事故から4年が経過したが、メキシコ湾では今なお野生生物たちが正常な状態に戻れずに苦闘していることが、4月8日に公表された最新の報告で明らかになった。 2020年8月にモーリシャス沖で商船三井や長鋪汽船が関係する貨物船が座礁する事故が発生。事故により重油が流出し、インド洋の美しいサンゴ礁や自然環境が影響を受け、モーリシャスに暮らす人々を困らせています。この事故が与える影響をSDGsから解説します。  In Deep 2010/06/29, という記事には、「メキシコ湾が死の海域(デッドゾーン)となっていく」ことを指摘するアメリカの専門家の研究を取りあげた記事をご紹介していました。, デッドゾーンというのは、酸素の欠乏などにより、文字通り「生き物が生きることができない死の海域」のことです。, メキシコ湾での原油の流出は 2010年のことでしたが、その後どのようなことになっているかご存じでしょうか。, 昨年、つまり原油流出から 7年後の 2017年の夏に、以下のような記事を書いたことがあります。, ・海はさらに死に続けている : 拡大が止まらない米国メキシコ湾の死の海域「デッドゾーン」が過去最大の面積に。そして原油流出の年に発せられていた専門家たちの警告を思い出す 温暖化の影響で海氷の縮小が進行する北極圏では、大手石油企業による大規模な資源開発が準備段階に入っている。一方で、環境に回復不可能なダメージを与えかねない原油流出事故への対策は遅れていると、全米研究評議会(nrc)が4月23日に発表した報告書は指摘している。 原油の流出による海洋汚染は、確実に動植物やそれらのエコシステムに破壊的な影響を及ぼします。 それは、石油による油膜が酸素の吸収を妨害し、水生生物やそれらが必要とする要素を破壊してしまうか … 協力 Rapid Access International, Inc. 2017年3月. 一方、揮発性の高い原油やガソリン類の流出については、火災や爆発等の災害拡大を念頭に、防爆構造の船舶などを選択する必要がある。海洋油濁防止対策にあたっては、油の流出状況に応じた臨機応変な資材選択、運用が必要である。 はじめに. Reuter 2018/1/26, そして、原油流出から3ヶ月の、4月中旬には、以下のように原油が海域に広がるという計算結果が出されています。, 予測などに関しての軽々なことは書けないですが……要するに、原油の広がり方は、おそらくはこれと準じたものとなると思いますが、それによる海への直接的な被害がどのくらいになるかはわからないわけで……何とも先行きを書くわけにはいきません。, この海域のあたりは、そうとう豊富な海産資源の場所なのではないかというような気もしますが、後述しますけれど、原油の場合、影響が「長い」可能性があるのです。, それにしても、「アジアで日本だけ」が影響を受ける位置で事故が発生してしまっているというのは、何ともアレですが、起きてしまっていることは事実で、そして、原油がこれから日本列島の周辺海域に漂い始めるのも避けられないことのように思われます。, 私がこの In Deep というブログを書き始めて、比較的すぐの頃に、アメリカでメキシコ湾での石油採掘リグの事故による大規模な原油の流出が起きました。その頃の In Deep は、単に海外の記事を翻訳しただけの記事が多かったですが、, ・専門家が警告するメキシコ湾の「死の海域」化 [皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。, ・Asia Is About To Be Hit By The “Worst Oil Tanker Spill In Decades”, ・Sanchi Oil Spill Has Already Caused 'Serious Ecological Injury', 2週間ほど前に中国沖で発生した石油タンカー事故が、とんでもない状況を日本にもたらす可能性が大きくなっています。なぜか日本では報道が皆無の状態なのですが、海外では、さかんに「アジアの海の危機」として報じられています。, しかし、その予測地図を見ると、アジアといっても、「日本が最も大きな影響を受ける大災害となる可能性が強い」のです。, このことを、わかっている限りご紹介したいと思います。ちょっとこれは、まずい感じです。. Mitsubishi Research Institute, Inc. http://www.pbs.org/wgbh/nova/next/physics/reusable-oleo-sponge-could-change-the-way-we-deal-with-oil-spills/, http://www.gmanetwork.com/news/story/604797/scitech/science/super-sponge-could-help-clean-up-serious-oil-spills, https://arstechnica.com/science/2017/03/oleo-sponge-invented-at-argonne-national-laboratory-can-sop-up-oil-in-a-spill/, http://www.anl.gov/articles/argonne-invents-reusable-sponge-soaks-oil-could-revolutionize-oil-spill-and-diesel-cleanup, http://www.huffingtonpost.ca/2017/03/07/oil-spill-sponge_n_15218072.html, インターネットハラスメントと戦うジグゾー社のソフトウェア「Perspective」 ›. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); -2018年からの世界, 悪魔の輪郭, 日本の未来 -2018年, タンカー, 厄災, 原油流出, 史上最悪, 日本, 海の危機. ・medium.com 12年前の科学論文 相変わらず、現実逃避気味に植物とかメダカなんかを相手にする時間をたくさん過ごしているわたくしでございますが、先日のメルマガでは、最近知りました「やや不可解な ... 11月1日のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリース ・National Institutes of Health News Release   携帯の電波とガンの関係のシロクロがある程度、 ... 2017年2月27日のシベリアン・タイムズより ・Siberian Times 前回は、 ・世界の「行方不明」に関するいくつかの事実 : そして、年間80万人の子どもの行方不明例が発生するアメリカより ... ・USGS 今日(11月22日)、福島沖でマグニチュード 7.3の地震がありました。 そして、ふと、この1か月間ほどを振り返りますと、この間だけで、地震と関係した記事を5本くらい書いていたことに気づき ... 4月16日に九州沖のトカラ列島で発生した群発地震 ・地震情報 4月11日からまたも群発地震が始まったイエローストーン(1週間で116回) ・USGS Sponsored Link   4月に ... 11月06日に最新のメルマガを出させていただきました。タイトルは「病気が原因ではなく「医療という宗教そのものが原因」で亡くなる人が多すぎる」というものです。ご案内ページはこちらです。, また、「まぐまぐ大賞2020」の投票が10月16日から始まりました。どなたでも、ご投票できますので、よろしくお願いいたします。投票ページはこちらのページの左上のリンクにあります。, 《お知らせ》 浅川 嘉富さんとオカによる対談本が出ます。それに関してのご紹介記事はこちらとなります。, 黙示録的な今日の一枚 キプロスの悪天候に出現した雲と光(2020年11月03日) ・fobosplanet, 米シカゴ大学から食物アレルギーの研究の結果から、「酪酸菌」に効果がある重要な結果が発表されました。, 日本では、下の製品で酪酸菌を摂取することができます。ご本人あるいはお子様が食物アレルギーや不耐性を持っている場合、試してみる価値があると思います。その論文をご紹介している In Deep の記事はこちらです。.

エールを送る 意味, オバマ大統領 広島 演説, ごちそうさん 子供, 霧島れいか 尾木, 米子北高校 サッカー, Isisとは ネットワーク, 中島ひろ子 ブログ, 千葉ロッテ 壁紙 Pc, 吉田正尚 成績, キラメイピンク 折り紙, Nhk 受信料 アンテナ 外す, 文教 大 明清 男子 サッカー, アマンダセイフライド 似てる,