サウサンプトンの吉田麻也が、移籍希望を明らかにした。 1月25日に行なわれたトッテナム・ホットスパーとのFAカップ4回戦。 「ソルプレーザ(Sorpresa)」とはイタリア語でサプライズの意味である。吉田麻也のサンプドリア移籍を報じる現地の新聞やニュースの見出しには、ほとんどこの言葉が使われていた。それだけこの移籍は誰も予想していなかった出来事だったのだ。 サンプドリアはリグリア海に面する港町ジェノバのチームである。日本人では柳沢敦が2003-04に1シーズンプレーしたことがあり、また、同じ町にはかつて三浦知良が所属していたジェノアもある。両チームが対決するダービーマッチは「デルビー・デッラ・ランテルナ(Derby della lanterna)」――灯台ダービーと呼ばれている(ジェノバのシンボルが灯台なので)。サウサンプトンからサンプドリアへの移籍が決まった吉田麻也 チームの全盛期は、現イタリア代表監督のロベルト・マンチーニやジャンルカ・ヴィアッリなどが所属していた80年代後半から90年代。1990-91にはチーム史上唯一のセリエA優勝を果たし、その翌年にはチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前身)の決勝にまで勝ち進んだ。 しかし、最近では真ん中あたりから降格圏すれすれの順位が定位置だ。今季は、昨シーズンまでローマのベンチに座っていたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が率いてスタートしたが、開幕からいきなり連敗。第7節までの成績は1勝6敗で、リーグ最下位となってしまった。, 本ホームページに記載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。全ての著作権は株式会社集英社に帰属します。. プレミアリーグのcbとして7年半という吉田麻也のキャリアは偉業である。だからこそ4大リーグ内での移籍が可能だったのだ。 確実に、サッカー選手としてステップアップしている吉田麻也選手に世界も注目。 そして、2009年シーズン後、オランダのトップクラブ・VVVフェンローからオファーが入り、12月28日に移籍します。 サウサンプトンの吉田麻也が、移籍希望を明らかにした。 1月25日に行なわれたトッテナム・ホットスパーとのFAカップ4回戦。 国内リーグ戦よりもチームとしての優先順位の低いカップ戦で、吉田はベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。 サンプドリアDF吉田麻也は、自身の去就について語るのは時期尚早だと主張した。 プレミアリーグのサウサンプトンで7シーズン半を過ごした吉田は、今冬の移籍市場でセリエAのサンプドリアに期限付きで … サウサンプトンに所属していたDF吉田麻也(31)が、冬の移籍市場が閉幕する1月31日にサンプドリアへの移籍が発表された。 お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, サウサンプトンに所属していたDF吉田麻也(31)が、冬の移籍市場が閉幕する1月31日にサンプドリアへの移籍が発表された。, 契約は今季終了までの期限付き移籍。プレミアリーグとセリエAの2つのリーグでプレーする日本人は中田英寿以来、2人目となる。, 急転直下の電撃移籍となった。21日のクリスタルパレス戦後に「いいクラブがあって、行けるタイミングであるなら行く」と移籍の可能性を示唆。トルコ1部トラブゾンスポルへの移籍報道があったが「オファーはない。現時点では何とも」とコメント。去就が不透明な状況が続いていたが、移籍市場最終日で新天地が決まった。, 直近の公式戦17試合で先発1試合を含む2試合の出場にとどまり、出場機会を求めての移籍となった。それでもクラブは7年半在籍した吉田に「サウサンプトン全員が、マヤが築いた長年の功績に感謝している。これからの数カ月、さらにその先での成功を願っている」と、功労者として惜別メッセージを発表した。また、期限付きでの移籍だが、サウサンプトンとの契約は今季終了までで実質的には退団となる。最後に「いつでも戻ってこい」と再開を願って送り出した。, 31歳にして新たなリーグに挑む吉田は、早ければ3日のホームナポリ戦でデビューする可能性がある。3月14日には日本代表でCBのコンビを組んでいる冨安健洋のボローニャと対戦が組まれている。16位と残留争いに巻き込まれているチームを吉田の経験が手助けとなる。, (C)2020,Nikkan Sports News. 2012年から現在までイングランド・サウサンプトンに所属している吉田麻也選手ですが、移籍金はいくらだったのかについても見ていきましょう。 完全移籍となったのが2012年8月30日のこと。 当時は「ミラー」や「サン」など複数のイギリス紙が報じていました。 吉田麻也選手のサウサンプトンへの移籍金は公開されていませんが、「ミラー」では、移籍金は200万ポンド(約2億5000万円)を準備していると伝えられていました。 また、VVVフェンロー側が 「(吉田は)イングランドから … サウサンプトンからサンプドリアへの移籍が決まった吉田麻也 チームの全盛期は、現イタリア代表監督のロベルト・マンチーニやジャンルカ・ヴィアッリなどが所属していた80年代後半から90年代。1 サウサンプトンの吉田麻也が、移籍希望を明らかにした。 1月25日に行なわれたトッテナム・ホットスパーとのFAカップ4回戦。国内リーグ戦よりもチームとしての優先順位の低いカップ戦で、吉田はベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。 今季でサウサンプトン在籍8季目の吉田は、極めて厳しい状況に置かれている。リーグ戦の先発は、0-9の歴史的大敗を喫したレスター・シティ戦(10月25日)が最後。過去3カ月における公式戦の先発はFAカップ3回戦・ハダースフィールド・タウン戦の1試合しかなく、出場機会が激減している。出場機会の激減している吉田麻也が移籍希望を明言した 試合後の囲み取材で、吉田は1月の移籍期間で移籍先を模索していると明かした。1月31日の市場閉幕まで新天地を探していくと言う。「(記者:移籍市場は1月31日に閉幕するが、状況は?)俺が聞きたいです(笑)。まだそういう魅力的な話は、具体的な話になっていないです。もう、『なるようになる』と。いいクラブがあって、行けるタイミングであるなら行くし。 可能性? 全然わからないです。50/50(フィフティ・フィフティ)。なければ、もう残るしかない。(話が)あって、それが魅力的であれば行く。ないのであれば、残ってここで戦うしかない。どのみち半年後には、サウサンプトンからいなくなると思う」  移籍先の第一希望はプレミアリーグだ。イングランドでのプレーに愛着があり、プレミアリーグでさらに成長したいという思いはある。 しかし、「プレミアに絶対にしがみつきたいという思いではないです。新たなチャレンジをしてもいいと思っている」とも語る。 プレミアリーグ、欧州4大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア)、欧州クラブの順番で移籍先を希望しながら、新天地は「全世界のクラブ」まで視野に入れているという。そのなかには、イングランド2部も含まれる。 また、1月の移籍期間で移籍できなくても、契約満了となるシーズン終了後にサウサンプトンを離れる見通しだ。, 本ホームページに記載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。全ての著作権は株式会社集英社に帰属します。. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての.

井上晴哉 年俸, 空飛ぶ広報室 平均視聴率, 広島 高校サッカー, 吉田正尚 筋肉, ロッテ 打率 2017 なんj, マスターフェンサー 白山, ジャイアンツ マスク アンダー アーマー, ジャパンカップ 2019 競馬, 杉本哲太 息子, 長野博 資格, 自衛隊 雪合戦, 長谷部 誠 カイザー, 木内舞留 めざまし,