あるサッカー少年団の50代の男性コーチは、技術の劣る子を罵ったり、個人攻撃をするところが問題でした。 「少年サッカーは6年間で結果を出さなくてはいけない」と主張したため、「結果よりも全員の底上げを」と考えるコーチとたびたび対立しました。 と語気を荒げたのです。ヒデの答えはこうでした。 という方のために情報発信・サービスを行っています。 © Copyright 2020 スポーツコンサルティング. コンビネーションプレーの基礎となる部分なので、低学年生にお勧めです。. あるサッカー少年団の50代の男性コーチは、技術の劣る子を罵ったり、個人攻撃をするところが問題でした。「少年サッカーは6年間で結果を出さなくてはいけない」と主張したため、「結果よりも全員の底上げを」と考えるコーチとたびたび対立しました。 子どもを育てていれば、だんだん出来ることが増えてくるのが分かると思いますが、サッカーに関してはソレを忘れてしまう。, 理解ができるようになるまでには、時間もかかるし、理解させる順番も必要です。勉強もそうですよね。小学低学年の子どもに因数分解を教えても理解ができないのと同じ。小学低学年の子どもに公式を教えれば、覚えることは出来ます。でも理解はできない。, 高度な考え方するには単純なことが理解できる必要があるんです。少年サッカーのコーチは子どもたちにどんなプレーをして欲しいかを考え、その前に何を理解させるか、どんなスキルを習得する必要があるかを分析することが必要です。, そのために少年サッカーのコーチはどんな風に指導をするのかと言うと子どもたちに気づかせることが大切です。出来るだけ子どもたちが理解できる言葉で指導することはもちろんですが、発問し子どもたちに気づかせるような声をかける必要があります。, 気づいたことは、子どもたちが理解していることです。大人が教えなくても子どもは気づき始めます。子どもが気づいたことを指導者は言葉にしてあげる。そうすることで少しずつ、子どもの知識が増えていきます。, サッカーは勉強のように答えがある訳ではありません。ただ考え方はありますよね。その考え方を気づかせるのがコーチングのウデの見せどころなんですよ。, 最近の少年サッカーを観ていると子どもたちのスキルは年々上がっています。でも上手くはなっていない。少し前の子どもたちの方がスキルは身についてなかったけど、サッカーが上手かったような気がします。, 少年サッカーをしながらもサッカースクールに通い、スキルは身に付けることが簡単になってきました。子どもたちのスキルと理解力に大きな差がついているんですが、指導者が理解していないため、中途半端な選手に育ててしまっているような気がします。, 少年サッカーのコーチが子どもたちの成長過程を理解して指導をするためには、指導者が学ばなければならない。, 子どもたちのためには、学べないコーチは教えちゃいけないと思うんです。ボランティアコーチだから良いなんてないんですよ。子どもたちの将来を潰すんですよ。コレは指導者だけでなく保護者も知らないといけないこと。, 理由を教えられてない子ども、理由を理解できない子どもは考えられない。考えられずに言われたらままのプレーしか出来ないのでは絶対に上手くならない。, 最後までお読みくださりありがとうございます。 必読!少年サッカー コーチに怒鳴られる子どもを守るということ。サッカー少年の親が絶対にやってはいけないこと。 taka 2020年1月22日. ジュニア・ジュニアユース年代の指導歴25年。 自分がサッカーをやっていた少年時代のコーチは学校の先生で、サッカーの時はいつもサングラスをして、試合に負ければ会場から走って帰らされ、時には全員1例に並ばされて、ビンタを喰らったりと、サッカーをしていて楽し事より、恐怖の方が大きかった。 ①少年サッカーではまずコーチと子どもの信頼関係を築くことが重要. All rights reserved. こんにちは、講師のカズです。少年サッカーでのよくある悩みの1つに、子どもたちとコーチとの信頼関係が築けていないといった問題があります。, ・コーチが怖い・コーチと合わない・コーチが言っていることがわからない・子どもたちが言うことを聞かない, これらの問題の多くが、コーチと選手の間に信頼関係が築けていないことが原因です。本記事ではサッカーコーチとして重要な部分である子どもたちとの信頼関係について解説します。コーチ本人が意外と気づいていないこと。少年サッカー指導歴25年の経験と自分自身の過去の失敗をもとに、指導現場で必要な考え方について。この記事を読めば選手との信頼関係を構築する方法が分かると思いますのでぜひご覧ください。, ✔︎Contents①少年サッカーではまずコーチと子どもの信頼関係を築くことが重要②コーチの言葉に影響を受ける子どもたち③コーチと子どもに信頼関係がないと言葉が響かない④サッカーコーチが信頼関係を築けない10個の原因⑤信頼関係を築くための解決方法⑥まとめ:選手を注意深く観察すること⑦動画で解説, 少年サッカーに限らず、大人でも同じですね。コーチとその指導を受ける側との信頼関係が重要なのはご理解いただけると思います。, 最初に結論ですが、正直この一言につきます。サッカーコーチとして最初に行うことは子どもたちと信頼関係を築くことです。これがないとどんなに良い練習をしても、どんなに良いアドバイスをしても子どもの心に響きません。詳しく解説していきます。, 少年サッカーという子どもを相手にした指導の場合、実は信頼関係ができていないことにコーチ自身が気づいていないといったケースが多々あります。コーチからすると子どもたちが自分の言うことを聞いているように見えるけど、実は子どもたちがコーチを信頼していない。耳が痛い話しですが実際によくあります。, ほとんどの場合、子どもがサッカーコーチに面と向かって否定することはありません。年齢が上がって中学生や高校生年代になると自分の意見を主張する選手も増えてきますが、小学生年代でコーチの考え方を真っ向から否定する子どもはほとんどいません。しかし実はそれが落とし穴です。, 少年サッカーのコーチにとって耳が痛い話しかもしれませんが、コーチの言っていることに納得ができなくても多くの選手は理解したそぶりを見せます。本当は心の中で「コーチの言っていることがよく分からない。いつも言っていることが違う。」と思っていてもそれをなかなか口にすることはできません。とりあえず「はい!」と返事をしますが、よく分からずにプレーすることもありますね。, コーチと子どもたちの間に信頼関係が築けないことが続くと最終的にはチーム崩壊を起こします。サッカーコーチとして最悪のケースですね。『チーム崩壊って何?』という方は下記の記事をご覧ください。, 少年サッカーのコーチと子どもたちとの間の信頼関係。信頼関係のレベルによって、子どもたちがコーチから受ける影響の度合いが違います。ここではいくつかのパターンを解説します。, コーチが何を言っても選手は動きません。なぜならコーチが子どもたちに対して影響力を持っていないから。このような場合、コーチがプレーに対して指示を出しても思うようなリアクションは起きません。要するに話しを聞いていない状態です。, すごく高圧的でコーチが怖い場合。選手は怒られる(叱られるではない)のが怖くてコーチの言うことを実行しようとします。しかし信頼関係はゼロ。ポジティブな反応ではなく、ネガティブな反応ですね。正直早くクラブを辞めたい、もしくは別のコーチの方がいいと思っているでしょう。, 子どもたちがコーチを信頼しているので、コーチの声かけによってポジティブな反応を見せます。サッカーのプレーでも規律の面でも、コーチの言うことは正しいと選手が感じています。さらに子どもたちの意見を上手く引き出せるようなマネジメントができれば、チームの雰囲気は良くなり、意識の高い選手たちに成長します。そこではコーチの言う通りではないことも許容され、より子どもたちに主体性がもたらされます。理想的な状態ですね。, コーチと子どもたちとの信頼関係のあり方次第で、コーチが言葉を発した時に、選手がどのような影響を受けるかがご理解い頂けたと思います。信頼関係構築の度合いによって影響の受け方は変わってきますね。, ここまで読んで頂いた方は、信頼関係がしっかりしているほどコーチの言葉が子どもたちにポジティブな影響を与え、反対に信頼関係がゼロもしくは恐怖政治だとネガティブな反応をすることが分かったと思います。つまり、選手をサッカーのプレー面でも人間教育の面でもコーチが望む方向に導くためには、まず最初にコーチと子どもたちとの信頼関係を築くことが重要です。ぼくはこれを「コーチの言葉が響く・響かない」と表現してます。もちろん信頼関係はあっても伝え方によっては響かないことがありますが、それはテクニカルな部分。根本的な原因ではありません。, では信頼関係が築けない原因について解説します。これはぼくの経験値的なものなので他にも要素があるかもしれませんが、とりあえず10項目挙げます。, 1.選手を惹きつけることができない2.説明がわかりにくい3.矛盾が多い4.否定しかしない5.アドバイスが適切でない6.子どもの心理が読めていない7.コーチの哲学を浸透できていない8.選手どうしの間に不公平感が漂っている9.ジャッジが明確ではない10.将来的なビジョンが見えない, コーチのトーク力と関係しますが、ミーティングなどで選手の関心を自分の話しに引き込めない状態。そもそも惹きつけることができなければ、どんな話しをしても伝わりません。話しの内容もさることながら、話し方も重要です。, 練習やプレーの指摘、選手にやってほしいことの説明が分かりにくい。カンタンな言葉で論理的に話すことができないと説明が分かりにくくなりますね。, 例えば同じようなシチュエーションでも日によって言うことが変わる。子どもからすると、この前と言うことが違う。混乱するとそれが不信感につながります。, いつもボヤキや叱るばかり。プレーに対して叱ることも重要ですが、それ以上に褒めたり認めたり励ましたりする声かけが必要です。選手が自分自身でミスの重要性に気づいているのにそれを指摘されると嫌になりますよね。, プレーに対してアドバイスを送るがそれを選手が無理だと感じている状態。難易度が高かったり、理にかなっていないアドヴァイスは逆効果になります。, 子どもたちの心理状態を読むことはとても大切です。例えば試合前の選手たちの心理状態はどうなっているか。ミスを怖がっているのか、それとも天狗になっているのか。心理状態を読んで適切な言葉をかける必要があります。, コーチ自身が哲学を持っていないければ、目指すべき方向性やルール、あるべき姿にブレが生じます。コーチの考える望むべき方向性をチーム内、選手個人個人に浸透させること。当然それはサッカー選手として、人として正しい方向でなければなりません。, 試合の出場時間や役割の中で不公平感を子どもが感じている状態。エースは何も言わなくて上手くない選手ばかり叱られる。いつも練習を休んでいるのに上手いから試合にたくさん出してもらえる。選手たちは子どもながらに無意識レベルでもヒエラルキーを構成しています。チームマネジメントを上手く行っていないと、選手たちの不満が募り信頼関係が崩れますね。, コーチがどんなプレーや行動を求めていて、その基準が明確であると選手は自分で良し悪しを判断することができます。しかし反対に基準が明確でないと結果論的なものになってしまいます。コーチが良い悪いと判断する基準が曖昧なものになると選手は混乱し、長い期間それが続くと不信感につながります。, この練習は〇〇につながるとか、試合に負けた後でもその試合に価値があったこと、先につながること。そのビジョンを選手がイメージできなければ、もしくはそう思わなければ信頼を勝ち取ることはできません。コーチが示す将来的なビジョンが選手と共有され、同じ目標に向かって進む意識が高まれば信頼関係は問題ありません。, 以上、10項目ほど挙げてみました。他にもあると思いますので、自分なりに考えましょう。, 他にも方法があるかもしれませんが、とりあえず10項目を改善できれば信頼関係は少なからず構築できると思います。そのためにはまずは自分と選手たちの間の信頼関係はどのような状態か。自分のどこに問題がありそうかを分析します。他のコーチに自分の指導を見てもらいフィードバックを受けることも有効です。まずは自分の姿を再確認する必要があります。, 今回は少年サッカーコーチと子どもたちとの信頼関係について解説しました。信頼関係がないとコーチの言う通りに子どもは行動を起こしません。コーチが何らかの言葉を発した時、選手がどのようは反応をしているか注意深く観察。細かな表情や動き、そこから自分の言葉が影響を与えているかどうかを見極めます。響いていないようなら修正して再びアプローチ。選手の反応を見ずに一方的なコーチングでは、蓋を開けたら選手に響いていなかったということが起きるので注意しましょう。, ジュニアサッカー大学講師のKazuです。 スペイン・バルセロナに留学し指導者ライセンスを取得。 解決するにはメインコーチとアシスタントコーチの立場と役割を明確にすることです。, サッカーのトレーニングメニューの作成方法について解説します。 「どうした。なぜ走らんのだ!」 「なにやってんだよ!」「違うだろ!」「出せって!パスしろって!!」「ヤル気あるのか?」「もうサッカーなんかやめちまえ!!」, 「ビビっていてはダメ。次は頑張れ!」「競り合わなきゃ。大丈夫、そんなに痛くないから。」, うちの息子も少年時代、コーチから「出せ!出せよ!出せって!!」と「出せ出せ」攻撃をされまくってました。, 幸い息子の場合は、折れることなくサッカーを続けてますが、やっぱり外から見ていて心配しました。, こんなときも子どもを可哀想に思ってアドバイスをしてしまってませんか?。「もっと周りを使ったら?」「もっとパスしなよ。」, また、コーチの意向を子どもに伝えて改善させないとレギュラーから外されると余計な心配をしてしまう。, でも、少年から男へ変わる時期は人それぞれで、持って生まれた性格も人それぞれなのだ。, 小学生に怒鳴ってまでヘディングをやらせる意味はないし、ムリヤリ肉弾戦をやらせる必要もない。, コーチに怒鳴られ、親にまで言われ、そんな状況じゃサッカーが嫌いになってしまうかもしれない。, 怒鳴るコーチの意向をくみ取ってアドバイスすること、これは絶対にやってはいけないのだ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 日本のサッカーの育成に危機感を持ってます。 サッカーコーチが現場で生きる知識を学べる大学です。, 少年サッカーで子どもたちがポジションが分からない、細かなポジショニングが理解できない現象。 久しぶりにサッカー少年団についてのお話です。先日…といってもだいぶ前の話になるのですが、とある有名ブロガーの方が息子にサッカーを習わせるなら…という話をエントリーしていました。その記事の主旨を要約すると子どもが小さいうちはスクールで技術を徹 少年サッカーでは、コーチと子どもたちの間に信頼関係ができていないとチームは上手くいきません。信頼関係がなくなる原因との解決方法について解説します。 自分でメニューを作成できるようになると、チームに適した練習が行えるので効果的です。, 小学2,3年生を対象とした壁パス(ワンツー)とドリブルを使い分ける3人組でのサッカー・練習メニューです。 【流動的な動きでプレスを回避】『ジュニアサッカー攻撃のアレンジ』〜3対3+1フリ... 【うばった後にボールを失わない】『ジュニアサッカー攻守の切替』〜2対2+2のロン... メンターのマネ(モデリング)をして自己成長させる『サッカーコーチのスキルアップ方法』. 少年サッカーをしていると休みの日はサッカー。平日もサッカースクール。サッカー漬けの毎日になってしまいますよね。 「走る理由がわからない。俺たちだけが、走らなければならないのは納得できない。皆川さんも一緒に走ってくれ。だったら俺も走る」, 中田英寿選手のこの発言はなかなか指導者に対してできるものではないことはお分かりいただけるかと思います。, なぜなら、試合に負けたことについては、選手だけではなく、当然指導者にも責任があるからです。, 皆川さんというコーチの方は中田選手の話を認めて自分も一緒に罰走に参加したのだと言います。, で、実際に自分で走ってみたら20本でダウンし、そこで罰走は終了にせざるをえなかったといいます。, そして、この皆川さんという方はその後、自分の指導者としての理念や知識、スキルのなさを痛感し、のちにドイツに渡って3年間サッカーの指導法を学ぶことになったのだといいます。, きっかけをつくった中田選手もすごいですし、プライドを捨てて自分を変えたこの指導者の方の素晴らしいさが伝わる素晴らしいエピソードだと私には感じます。, 少年サッカーでお子さんの移籍問題で悩んでいる方は是非お読み下さい!子供のサッカー上達は環境によって雲泥の差がでます!, 先の話からもお分かりいただけるかと思いますが、子供達が試合中に何を表現するのかは、指導者がどれだけのことを与えられているかで決まります。, ですので、いつも同じようなトレーニングばかりしていては子供に選択肢は増えるわけがないのです。, といった古い概念のまま指導されているコーチの方が実際にはまだまだ多くいるのが現状なのです。, なので、そういった最新のトレーニングを受けている選手は本当に昔に比べてレベルが高く、小学生ですら大人のようなサッカーをします。, ですが、その一方で、そんな古臭いトレーニングばかりの指導を受けている子供はまったく上手くはなりません。, この練習はコーンを一直線にいくつか並べて、それを子供達が順番にジグザグにドリブルをしていくものです。, たぶん、サッカーをしていれば、だれもが1度はやったことのあるトレーニングなのではないでしょうか。, ですが、コーンといった決まったものに対してターンしたりドリブルをするシーンはリアリティーにかけるのでそういった俊敏性は身につかないのです。, なので、コーン相手ではなく、相手に対応したメニューを増やすことを考える必要があるのです。, サッカーはその時その時の状況によって、さまざまな判断をしてゴールを奪うスポーツです。, なので、そんなコーンドリブルに大半の時間をかけているような練習ではサッカーそのものが上手くなるわけがないのです。, 子供のサッカーを上達させるためにはさまざまな要素が必要でありますが、今回はその中でも特に重要な絶対に知っておくべき事をあなたにお伝えしたいと思います!, そう、せっかく数名の選手が集まった中で、一人でもできる練習をわざわざ並んで行うこと自体もったいないことなのです。, そう、順番待ちをしてシュートをうつ練習も今だに多く見かけますが時間がもったいないだけです。, このように、考えればさまざまな昔ながらの何も進化していないサッカー教育を平気で行っている指導者が山のようにいるわけです。, これは、先ほどの学んでいないコーチともリンクするわけなのですが、そもそも学んでいないような指導者は情熱がありません。, そう、これから練習だというのに、何のトレーニングプランももたないで、その場でただなんとなく教えているのです。, だからこそ、毎回同じトレーニングになってしまうのだと思いますし、それでは選手が上手くなるわけがないことは先ほどの説明からもご理解いただけるかと思います。, 例えば、そういった情熱がないようなコーチは子供を指導している雰囲気でなんとなく分かります。, そう、ポケットに手をつっこんで口だけで指導をしていたり、先に述べたように毎回同じトレーニングだったり、, サッカーのことをあまり分からない保護者さんだって、一生懸命教えてくれているかどうかくらいは分かると思います。, 指導者にはそれを仕事として行っている指導者やボランティアでやられている方それぞれいます。, もちろん仕事としてやられていればちゃんと指導してくれそうだとも思われるかもしれませんが、そうとも限りません。, 結局雇われコーチなら責任感を持って指導していないただなんとなくやっているコーチもいるのが現状です。, それなら、まだボランティアの熱心なコーチの方の方がよっぽど良いとまで思ってしまうくらいです。, そう、先ほども言いましたが、いくら熱心でも口だけで怒っているかたは熱心とは違います。, サッカーおいて状況判断能力を高めることは重要なことです。そして、今回は練習から判断を高めていけるる簡単なコツをお伝えします!, なので、もちろん勝つためにどうしたらよいのかは当然指導者は考えなければなりません。, とはいえ、そういって勝ちにばかりこだわってしまうとどのようなデメリットがあるのかといえば、, 驚くことに、1日中グランドにいて5分だけしか試合にでられなかったなんていう経験までお持ちの方までいるそうです。, このことに関して考えれば、それがどういった試合だったのかも重要なことだとは思います。, とはいえ、そういった公式戦だけではなく、練習試合ですら、サブの選手が試合に出場する機会が少ないといったクラブまであるそうです。, たまに、そういった指導者をみると、やっぱりサブの選手が上手くなっていない傾向があります。, そう、レギュラーの選手ばかりが上手くなっていて、サブの選手に成長が見られないのです。, それは、はっきりと言ってしまえば、その指導者が下手な子を見るのがめんどくさいなどと思っている証拠でもあります。, なので、もし、そのような状況が今いる指導者に感じられるのであれば、はっきりと言ってチームを変えたほうが良いでしょう。, 指導者の『負けたくない』といった気持ちは、指導の勉強をしたりすることに生かすべきです。, 間違っても、上手い選手だけを試合にだすといったことでその気持ちを満たしてはいけないのです。, このように、選手には勝てるように負けず嫌いな気持ちを持たせてあげることは指導者として大切なことですが、, あなたはお子さんがスポーツで燃え尽き症候群になってしまったのではないかと悩まれているかもしれません。それなら直ちにその原因を考え対処すべきです。お子さんを救ってあげて下さい。, もしかしたらあなたが指導を受けている指導者の方に当てはまっている場合もあったかもしれません。, 親であるあなたがお子さんに感情的になって怒ってしまうように、指導者の方だってたまには感情的になってしまったり、トレーニングに熱が入らなかったりしてしまう時もあるでしょう。, なぜなら、冒頭でもお伝えしましたが、本当に子供は指導している大人次第で良くも悪くもなってしまうからです。, なので、そんな貴重な時期が、ダメコーチに教わって犠牲にならないためにも是非今回の記事を参考に指導者選びをしていただきたおいと思います。, 子供のスポーツ上達を大きく左右するスポーツ教育法を期間限定で無料プレゼントしています!, お子さんが後悔しないスポーツ人生を歩むために必要な、トップアスリートに共通するメンタルを手に入れる方法、スポーツが上達する体の仕組みなど、今まだ多くの人が知らない子供のスポーツ教育法を徹底的にお伝えしています!, スポーツコンサルタント

翔 凛 高校 バイト, イラク日報 面白い まとめ, スーツ ドラマ, ロッテ 弱い, レディ ダ ヴィンチの診断 娘, プロスピ サード 2020,