動画を数回しか観てないですけど、シャケトラは1角で掛かってたんですよね。それでも無理に手綱を引いたのは、そういう意味があるんでしょうねー。笑, だけど、キタサンブラックはそれでも危なげのない勝ちっぷり。本当に強いと感じさせる勝ち方をしました。 有馬記念 中山2500芝 12/24 1着 2 キタサンブラック 牡5 57 武豊 02:33.6 1.9 2着 3 クイーンズリング 牝5 55 ルメール 1.1/2 33.1 3着 10 シュヴァルグラン 牡5 57 ボウマン ハナ 6.7 4着 14 スワーヴリチャード 牡3 55 Mデムーロ クビ 4.5 5着 11 ルージュバック 牝5 55 北村宏 1.1/4 55.4 6着 7 遅ればせながらクリスマスイブの決戦となった第62回有馬記念の結果と感想に関する記事です。有馬記念2017の最終予想今回の有馬記念の予想は最終的には以下のとおりでした。 キタサンブラック(2)〇 サトノクラウン(12) サトノクロニクル( 2017年12月24日 中山11r 有馬記念(g1)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 レース結果; 特別レース ... 有馬記念. 「ほっとしています。スタートが良ければ先行しようと思っていましたが、枠順に恵まれましたし、思い通りにいきました。道中はリラックスさせることに専念。1周目のコーナーで行きたがっても、なだめが利きました。ゴール板あたりで、いいリズムに乗れましたね。去年より4コーナーを回ったときの感触が良かったので、他馬を待たずにスパートしました。 × スワーヴリチャード(14) 遅ればせながらクリスマスイブの決戦となった第62回有馬記念の結果と感想に関する記事です。有馬記念2017の最終予想今回の有馬記念の予想は最終的には以下のとおりでした。 キタサンブラック(2)〇 サトノクラウン(12) サトノクロニクル( 昔ダイワスカーレットに誰も鈴を付けに行かなかった事を思い出します。(´;ω;`), 2着ルメールは足りない分を省エネで好走\(^_^)/上手いな~!! 競馬予想のウマニティが有馬記念2017を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 2017. 株式会社Do innovationが運営する競馬ラボに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。, テン:4F 42.5 - 3F 30.3/上がり:4F 47.3 - 3F 35.2. 2017年12月に開催する有馬記念(g1)のファン投票の最終結果を1位~30位までまとめました。得票数も記載しています。 天皇賞(秋)2020の予想【東京2000m発走15:40】アーモンドアイをどこで買うか…, 菊花賞2020の予想は、コントレイルをド本命視して【京都3000m発走15時40分】, 5.凪のあすから、Re:ゼロから始める異世界生活、この素晴らしい世界に祝福を!、東京レイヴンズ、みなみけ(シリーズ)、tt、Angel Beats!、俺ガイル、さくら荘のペットな彼女、ココロコネクト、とある禁書目録・超電磁砲(シリーズ)、To LOVEる-ダークネス、氷菓、あの花、変猫、はたらく魔王さま、まおゆう、まどマギ、マクロスFRONTIER、CLANNAD AFTER STORY、CCさくら、まもって守護月天…etc. 注 ブレスジャーニー(4)、ミッキークイーン(13), 実は予想ページは早めに用意していたものの、パソコンの電源が入らずまったくうんともすんともいわなくなったので、ブログの更新が停滞し予想記事そのものは少し中途半端になってしまいました。(パソコンの不調は治っていないものの、原因はマザーボードにあることはなんとなく分かっているので、気合でボタン押すとたまに電源が入り、パソコンが起動したときだけ更新ができています。今回も押したらついたw), まずキタサンブラックの本命は僕がこの馬のファンであることと、やはり一番強い、そしてレースをコントロールできる脚質というのがありましたが、今回のレースについては中山の2500mでこの馬に先着できそうな馬がサトノクラウンと、サトノクロニクルしかいないと判断しました。つまり△から下の馬はあくまで2着までと見ました。, 人気のシュヴァルグランとスワーヴリチャードの印が若干軽くなったのは、上記に上げたように勝つ可能性がないと判断したからなんですが、シュヴァルグランについては前走のジャパンカップはハマったものと判断し、父ハーツクライよりは若干落ちると見ました(父は有馬記念も勝ちましたが・・・)。これは脚質的なものと枠もあります。, 次にスワーヴリチャードは春先は僕も3歳馬の中ではかなり評価していた馬で、応援はしていたのですが、ズバリ母系の血統的な弱さから善戦どまりと判断しました。成長もあるとおもいましたが枠順で相殺した感じですね。, 順序が逆にはなりましたが対抗と単穴にしたサトノクラウンとサトノクロニクルですが、この両頭に関しては馬場適正と底力を重視して、これまでの実績以上の走りをする可能性があり、突き抜けることができるのはこの二頭しかないと見ましたが、当然大負けもあるとは思いました。, ブレスジャーには母系が素晴らしいので底を見せていない点を考慮に入れて残し、ミッキークイーンは少し厳しいとは思いながらこの中山の馬場でも後方から詰めれるのはこの馬しかいないということで入れました。どちらかと言えばハイペースで前がつぶれたときの保険的な意味合いでした。. ・, 見事キタサンブラックが逃げ切りGⅠ7勝目を飾りましたが、レースタイムは2分33秒6と昨年より1秒近く遅いものでした。, 今回の上りタイムを確認すると勝ったキタサンブラックは35秒2であり、最速の上りは5着のルージュバックで34秒3。他に34秒台で上がった馬は四頭いましたが、昨年はどうだったかというと、最速の上りは後方を進んだヤマカツエース(4着)の35秒1、勝ったサトノダイヤモンドの上りタイムが35秒5(全体で3番目)だったことを考えると、馬場状態が違うので一概には言えませんが、かなりキタサンブラックにとっては楽な展開だったと言えます。, そう考えると現役最強馬をこのペースで後ろから差すには不可能な展開だったことが分かります。おそらく同じペースならあと500メートル延びても今回の勝ちは揺るがなかったでしょう。, シュヴァルグランとスワーヴリチャードは4コーナーで8番手あたりで、不利がありながらもよく伸びてはきましたが、このペースでは後ろから差すのは不可能でしたね。, 強い馬が強い競馬をして勝つというケチのつけようのないレースでしたし、競馬において逃げこそ最強の戦法というのを改めて証明したレースでした。, 今回は僕も思った通り自分との戦いでした。またこの馬のこれまでの活躍は天才武豊ジョッキーの体内時計の凄さを抜きにしてはなかったことでしょう。またそれに耐えうるだけのスタミナをつけたハードな調教を可能としたキタサンブラックの身体の強さあってのことだったと思います。, さてレース内容ですが、有力馬が軒並み外に行ってしまったことにより、レースは完全に武豊ジョッキーのコントロール下に置かれたレースになってしまいました。キタサンブラックももう少し早めに仕掛けるのかなとは思っていましたが、直線に入るまで馬なりで行けたことを考えると相当な手ごたえだったのでしょう。ああなってしまっては後ろはどうしようもありません。, 有力どころの仕掛けが思いのほか遅かったのでペースはそれほど遅くないのかな?とは感じていたのですが、レースのスタッツを見るとどちらかというとヨーイドンの競馬でした。それでいて上りが2000m以下のレースのように33秒台に入らないということは、いかにこの時期のこの距離のレースが過酷であり、スタミナを消費するか認識しました。, このレースではクイーンズリングとルージュバックという二頭の牝馬が2着と5着に来またしが、この両頭の父はマンハッタンカフェでしたが、底力が足らないと見て馬券からははずしたものの、指摘していたようにスローですぅと行ってピュッと上がる展開はこの父のまさしく得意とするところでした。他馬との兼ね合いはありましたが、買えない血統ではなかったですね。一つ勉強になりました。, ハーツクライ二頭に関しては血統通りという感じで僕の予想通りでしたが、サトノクラウンについては行きっぷりが悪くやはり天皇賞・秋の決戦の反動でしょう。サトノクロニクルはまぁあんなもんでしょうね(笑)。, この馬もラストレースだったようですがお母さんになっていい仔を送り出すことでしょう。血統的にはやっぱり有馬記念でDanzigの血は合うみたいですね。, 正直不利がなければ2着はりましたが、あれも競馬。春より強くはなっていますが、やはり突き抜けた強さはなく逆に3歳のスワーヴリチャードと同レベルということで、来年は混沌としてくる感じがします。勝ちまくる馬というよりも善戦タイプであり、典型的なハーツクライ産駒ですね。, 今回のレースで単なる左巧者でないことが分かりましたし、足を溜めれば距離をこなせることがわかったのは収穫です。天皇賞・春でも好走はするかもしれませんが、コース適性などを考えるとGⅠでは2000mあたりのレースか、東京コース向きな気がします。, 血統的には調子がいいうちは追いかけたいけど、なんとなくGⅠでは厳しいような気がしてきました。GⅡで買って、GⅠで蹴ってもいいタイプなのかもしれません。, 今回敗れはしましたが、もうちょっと観察してみたい馬ですね。血統的に差し脚鋭いというタイプではないので、年が明けて中距離で勝負でしょう。GⅠでは宝塚記念か重賞なら2000m前後で時計のかかるパワー型の馬場で注目です。, やはり時計勝負や上りの競馬はだめですね。天気が悪くなったりしてこその馬でしょう。先行馬が多くなった時のほうがいいでしょうね。次走凡走するようだとちょっと心配です。, キングカメハメハの中級馬はGⅠではいらいないという証明になりました。特に距離が伸びてこの傾向は強くなるでしょうね。やっぱり激走はないです。, バトルプランはGⅠでは要らないということが証明されました。やっぱり芝のGⅠでエンパイアメーカーの系統は外すのが賢明です。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1着 キタサンブラック(1番人気) 2分33秒6 ◎ 〇 サトノクラウン(12) 有馬記念 中山2500芝 12/24 1着 2 キタサンブラック 牡5 57 武豊 02:33.6 1.9 2着 3 クイーンズリング … 結果】 『年末のドリームレース。』 『第62回. 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 競馬, 遅ればせながらクリスマスイブの決戦となった第62回有馬記念の結果と感想に関する記事です。, ◎ キタサンブラック(2) Copyright © Japan Racing Association All rights reserved. マンガやアニメ、スポーツのニュースから気になるネタを取り上げていきます。芸能ネタ、ゲームなども幅広くお送りします。, 2017/12/25 レース結果; 特別レース ... 制覇以降、一貫して中長距離路線を牽引してきたキタサンブラックがラストランを迎える有馬記念(gⅠ)。「どうしても勝ちたい」。 ... 注記:戦績・獲得賞金は2017年有馬記念… 2017年12月24日に中山競馬場で開催された第62回有馬記念の全着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。, 父ブラックタイド、母父サクラバクシンオー。馬主は(有)大野商事。ヤナガワ牧場生産馬です。, 優勝したのはここで引退が決まっているキタサンブラックでした。スタートを上手く決めて、あとはキタサンブラックのペースでした。, 2着にはクイーンズリングが入りました。3着にはシュヴァルグランが入りジャパンカップ馬の意地を見せました。, 結局、ワンツーを決めたのは、引退が決まっている競走馬の2頭ということで、昨日の阪神カップのイスラボニータからの流れなのか、そういう感じになっちゃいましたね。, スタートを上手く決めたのはキタサンブラックで、そのまま作った流れは、1000m通過時計61.6秒でした。比較的、スタート直後に押していたように思いペースは速いのかなと思ったのですが、一団となって進んでいましたので、スローの流れで前半レースが進みましたねー。, 速報値ではありますけど、前半3F36.4秒 4F48.7秒 – 後半4F47.3秒 3F35.2秒でしたので、前半スローの流れでした。, キタサンブラックが1着でしたが、2着は4、5番手を追走していたクイーンズリングで、シュヴァルグランは8番手追走でしたので、2桁着順を走ったメンバーはノーチャンスだったのではないでしょうか。, スワーヴリチャードはもう少しやってくれるのではないかと思ったんですが、マクってロンスパからあれだけ走れるのですから、来年は楽しみなのかなと思いますね。枠も悪い中で、よく走れたと思います。, 上がり最速が34.3秒のルージュバックでしたので、瞬発力というよりも、位置取りが全てだったのかなとも思います。, 今年の有馬記念は混戦模様かなとも思ったんですけど、終わってみれば納得の有馬記念という感じでしたね。キタサンブラックの仔を楽しみにしたいと思います。, ちなみに、この日の阪神競馬場第12競走ギャラクシーステークスを制したのはアキトクレッセントでしたが、同じく清水厩舎の競走馬。最終追い切りはキタサンブラックのパートナーとして、栗東CWコースを一緒に走りました。最後までドラマがありましたねー。, あれだけ抜群のスタートをきった福永シャケトラ番手で控えて・・・ん~悪役になりたくなかった訳だ。 ・ ?消去法にも応用可能ですぞ(´・ω・), 2015年3月22日に中山競馬場で開催された第64回スプリングステークスの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはキタサンブラックでした。2着には1番人気に支持されていたリアルスティール、3着にはダノンプラチナが入りました。, 2016年4月17日に中山競馬場で開催された第76回皐月賞の着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはディーマジェスティでした。2着にはマカヒキ、3着にはサトノダイヤモンドが入りました。早めにリオンディーズが先頭に立つ展開となり、エアスピネルも見せ場は作りましたが...。残念!, 2018年9月30日に中山競馬場で実施される第52回スプリンターズステークスの展開から導く競馬予想です。秋のG1シーズンの幕開けの1戦。1200mの短期決戦ですね。出走頭数は16頭、発走時刻は15:40となっています。本命にはファインニードルを本命にして組み立てています。, 2015年3月1日に中山競馬場で開催される第89回中山記念の過去10年のデータと傾向です。今年はイスラボニータやヌーヴォレコルトなど、4歳馬の活躍に注目が集まりますが、データ上4歳馬は勝率4.0%、複勝圏内率も20.0%で実は一番劣っている数字です。これは...荒れる!?, 2017年10月1日に中山競馬場で開催された第51回スプリンターズステークスの着順結果と映像動画、配当払い戻し情報です。優勝したのはレッドファルクスでした。昨年に引き続きの優勝で、連覇達成です。2着にはレッツゴードンキで、3着にワンスインナムーンでした。. 6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3. 3着シュヴァルは晩成で本当に力をつけていますね。長距離では崩れないと思います。 9着 サトノクロニクル(11番人気) ▲ ▲ サトノクロニクル(6) △ シュヴァルグラン(10) 軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!, 年末の大一番として国民的行事にもなっている有馬記念だが、有力馬のなかにはジャパンCや香港国際競走を秋の最終目標とする馬も少なくない。加えて出走馬は秋シーズン3走目、4走目となるケースが多く、状態を上げてきたG1では足りなかった馬が穴をあけることもしばしば。実績だけでなくデキの見極めも重要となる。また、2007年マツリダゴッホ、2015年ゴールドアクターといった中山巧者の激走も目立つ。2008年は14番人気のアドマイヤモナークが2着、2014年は9番人気のトゥザワールドが2着に入っており、穴をあけたこの2頭の中山成績は【1.2.3.1】(着外は10か月ぶりの出走)と【1.2.0.0】であった。舞台となる中山芝2500mは、3コーナーの外回り部分からスタートし、小回りの内回りコースでコーナーを6回通過する、年間10レースほどしか開催されないマイナーなコース。スタートから最初のコーナーまで200mに満たないトリッキーな設計と、冬開催4週目で馬場が荒れ始めることも波乱を引き起こす要因になっている。ディープインパクトやオルフェーヴルのようなズバ抜けた馬がいればそこから入りたいが、そうでなければ少し捻って攻めたほうがおもしろいレースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります), ※ 走 マークは出走予定馬※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます, 古馬王道路線を歩んできた猛者と3歳の一流どころが一堂に会す、1年の総決算。テンポイントが天敵・トウショウボーイとの死闘を制した第22回(1977年)、競走馬としての衰えを隠せず精彩を欠いていたオグリキャップが、最後の闘志を燃やして新興勢力をねじ伏せた第35回(1990年)、その絶対的な強さで人々に勇気を与え続けた英雄・ディープインパクトの完璧なラストラン(第51回・2006年)など、競馬史に残る名場面は数えきれない。第58回(2013年)は、引退レースとして臨んだ三冠馬オルフェーヴルが4コーナーで他馬をひとまくりすると、最後は2着馬に8馬身の差をつけてゴール。鞍上・池添騎手による思いのこもった勝利騎手インタビューとともに、オルフェーヴルの雄姿は熱い記憶として競馬ファンの心に刻み込まれた。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, ▼2013年は三冠馬オルフェーヴルが2着馬に8馬身差をつけて圧勝、引退レースに花を添えた。, 先週の回顧~(12/23~12/28)西野圭吾プロが有馬記念3連単的中など計8万1,780円払戻し!, ~運用回顧~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(有馬記念,ホープフルS G1).

南河内 サッカーbbs, 東京タラレバ娘 Key 過去, エリザベス ウォーレン 撤退, 遠野高校サッカー部 メンバー2020, 水瀬いのり ゲーム Ps4,