「18歳の4番打者」は18歳の62年のオープン戦で別当監督に4番で起用された時に土井正博さんを売り出すために半ば嘘で言われたらしいですね。, http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8922653/, 2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/09), 2020年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/09), :2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/10), sami:2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/09), :2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/09), sami:2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/08), tomo:2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/08), sami:2020年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/07), リック:2020年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/07), sami:日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblogについて (11/07), sami:2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/07), ゆうと:日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblogについて (11/06), :2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(11月9日時点) (11/05). 近畿日本鉄道株式会社(きんきにっぽんてつどう、英: Kintetsu Railway Co., Ltd. )は、大阪府・奈良県・京都府・三重県・愛知県の2府3県 で鉄道事業を行う会社である。 日本の大手私鉄の一つであり、JRグループを除く日本の鉄道事業者(民営鉄道)の中では最長の路線網を持つ。 藤田省三(1950 - 1952途) 芥田武夫(1952途 - 1957) 加藤久幸(1958) 千葉茂(1959 - 1961) 別当薫(1962 - 1964) 岩本義行(1965 - 1966) 小玉明利(1967) 三原脩(1968 - 1970) 岩本尭(1971 - 1973) 西本幸雄(1974 - 1981) 関口清治(1982 - 1983) 歴代全盛期データ 大阪近鉄バファローズ 1991年~2004年 選手能力データ 近鉄パールス(1949年~1958年) 近鉄バファロー(1959年~1961年) 近鉄バファローズ(1962年~1998年) 大阪近鉄バファローズ(1999年~2004年) ※このページは1991年から2004年のデータが中心です。 ベストオーダー … 近鉄は第1戦完投勝利の井本、一方広島はこの年、松原明夫から改名した福士。シリーズでの先発は南海時代の1973年第3戦以来。近鉄はここまで無安打の平野がスタメン落ち、石渡も腰痛で戦線離脱。 近鉄は3回にマニエルの2ランで先制。 通算成績=.229・800安打・70本塁打・326打点 キャリアハイ=1960年.267・100安打・4本塁打・30打点 監督成績(近鉄のみ5年間)=363勝・リーグ優勝1回 現役時代は現在の埼玉西武ライオンズの前身である西鉄ライオンズの黄金期を支えた名手として大活躍をしていた仰木さん。近鉄の監督に就任す … Copyright © 日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblog All Rights Reserved. 1979年の日本シリーズ(1979ねんのにっぽんシリーズ、1979ねんのにほんシリーズ)は、1979年10月27日から11月4日まで行われたセ・リーグ優勝チームの広島東洋カープとパ・リーグ優勝チームの近鉄バファローズによる第30回プロ野球日本選手権シリーズである。, 1975年以来2度目の出場となった古葉竹識監督率いる広島東洋カープと、プレーオフで阪急ブレーブスに3連勝し初出場となった西本幸雄監督率いる近鉄バファローズの対決は、広島が4勝3敗で球団創設以来初の日本一。MVPは7戦全試合で安打を放ち4割4分4厘、1本塁打、2得点の好成績を挙げた高橋慶彦[1]。, 第6戦までは全てホームチームが勝利という「内弁慶シリーズ」だったが(第7戦まで全てホームチームが勝利する「内弁慶シリーズ」は2003年が初)[2]、第7戦では後に「江夏の21球」と語り継がれる9回裏の攻防で球史に残る名場面を生んだ。山本浩二、栗橋茂ら主力打者が不振だった一方[3]、先発陣は山根和夫と井本隆がそれぞれ2勝、鈴木啓示も1勝止まりながら防御率0.95を記録した。, 近鉄主管は日生球場または藤井寺球場で開くところだが、日生は収容人数が30,000人に満たず、藤井寺も当時はナイター設備がなかったため、当時南海ホークスの本拠地だった大阪球場を借りて行われた(プレーオフも同様)。同球場での日本シリーズは1973年以来6年ぶり。, 1回裏近鉄の先頭打者平野光泰のショートゴロを高橋慶彦がエラーしこれをきっかけに2死満塁のチャンスを作ると、羽田耕一が中前打を放ち2点先制。広島は2回に水谷実雄の適時打で1点を返す。4回裏近鉄は永尾泰憲の適時打で1点を追加。6回にも2番手の大野豊を攻め2死満塁とすると、代わった福士明夫から石渡茂が2点適時打を放ち[4]5-1。井本は9回に1点を失ったが結局完投し[5]、近鉄が1勝を挙げる。, 試合は鈴木と山根の投手戦となる。山根は5回まで近鉄打線をパーフェクトに抑えるが、対する攻撃陣が3回・4回・5回と立て続けにバント失敗→併殺打の拙攻でチャンスを作れない。7回裏、近鉄は小川亨が山根からチーム初安打を放ち、次打者のチャーリー・マニエルはツーボールとなり、ここで広島ベンチは山根に代えて江夏を投入する[6]。近鉄ベンチは打者走者の小川に変えて藤瀬史朗を代走に送る。マニエルは江夏から安打を放ち無死1、3塁とする。マニエルの代走に阿部成宏。近鉄は続く栗橋茂の代打クリス・アーノルドが中犠飛を放って1点先制。続く羽田が適時打でもう1点を追加。さらに有田修三が江夏から中越え2ランを放ち4-0[7]。, 第2戦の先発に回された鈴木は、エースの意地で広島打線を4安打に抑えて完封勝利[8]。, 先発は広島が池谷公二郎、近鉄は村田辰美。広島は不振の衣笠祥雄とエイドリアン・ギャレットがスタメン落ち。, 近鉄は1回表に1死満塁から押し出し四球と併殺崩れで2点を先制。しかし広島は2回に水谷の本塁打で1点を返す。池谷も3回から立ち直り近鉄に追加点を許さない。広島は7回裏先頭の山崎隆造が二塁打を放つ。ライトルの2塁ゴロで1死3塁となり、続く代打萩原康弘がカウント2-0と追い込まれるが続く3球目の内角球を死球[9]。1死1・3塁から代打内田順三の適時打で同点に追いつく。ここで近鉄はストッパーの山口哲治を投入するが、途中出場のギャレットが適時打を放ち逆転[10]。このシリーズ初めてリードを奪った広島は8回から江夏を投入。江夏は8回のピンチを三振併殺で切り抜けると9回も抑え、広島がシリーズ通算9戦目で初勝利を挙げた。, 近鉄は第1戦完投勝利の井本、一方広島はこの年、松原明夫から改名した福士。シリーズでの先発は南海時代の1973年第3戦以来。近鉄はここまで無安打の平野がスタメン落ち、石渡も腰痛で戦線離脱。, 近鉄は3回にマニエルの2ランで先制。しかし広島は4回裏、無死1・3塁から山本浩二が右翼への浅い飛球を放つも、マニエルの本塁送球が逸れて山崎が生還。さらにこの送球の間に1塁走者の三村敏之も2塁へ。これで楽になった次打者の水谷は左越えに逆転2ランを放つ。7回裏、連投の村田が2死3塁のピンチを招くと西本監督は山口を連日のリリーフ起用。しかしその代わり端を高橋が叩き右越え2ランで突き放す。福士は9回に有田修にソロ本塁打を浴びるも完投勝利。シーズン途中から日本シリーズを見据えて調整を続けており、この日の投球を「100点満点の1000点」と自賛した[11]。, 先発は広島山根、近鉄鈴木と第2戦と同じ顔合わせ。試合は第2戦同様投手戦となった。広島は6回裏、先頭の山根が中前打で出塁、その後2死2塁とすると三村は右方向へ大飛球を打ち上げる。マニエルは懸命に追ったが打球はその頭上を越え山根が生還[12]。山根は近鉄打線を2安打に抑え完封、第2戦の雪辱を果たした。広島が2連敗の後地元で3連勝し、日本一に王手をかけた。なおこの試合、衣笠の出番はなかった[13]。, 近鉄は第4戦でKOされた井本が志願の中2日での先発[14]。一方広島の先発は池谷。近鉄は4番にアーノルド、5番に梨田昌崇を起用、石渡がスタメンに復帰。, 広島が1回表に三村の右越え本塁打で先制。近鉄は2回裏に1死1・3塁から平野の一ゴロで同点とすると、3回にもマニエルの適時打と梨田の2ランで3点を勝ち越した。4回にも平野の犠飛で1点を追加すると、6回には無死1・3塁から平野がスクイズで6-1とした。平野はこの試合で先発出場するも3打席無安打でシリーズ新記録となる20打席連続無安打となったが、3打点を挙げ活躍。井本は9回に山本にソロ本塁打を浴びるも気迫で完投勝利、シリーズを3勝3敗のタイに持ち込んだ。, 広島は1回表、高橋の右前打をマニエルが後逸、無死3塁とするとスタメン復帰の衣笠が適時打を放ち先制。さらに3回にも水谷の適時打で2-0とする。近鉄は5回裏、1死2塁から21打席連続無安打の平野がシリーズ初安打となる1号2ランを放ち同点。しかし広島は6回表、2死から萩原が安打で出塁すると続く水沼四郎が左越え2ランを放ち4-2と勝ち越し。近鉄は6回裏1死2・3塁から羽田の三ゴロで1点を返す。その後、広島は7回2死から江夏を投入、近鉄も1点ビハインドの8回から山口を登板させる総力戦。, そして9回裏、近鉄は先頭の羽田が中前打で出塁。アーノルドの打席で代走の藤瀬が盗塁を試みると、捕手水沼の送球が逸れ無死3塁。その後アーノルドが四球で出塁し、代走の吹石徳一が盗塁。広島は満塁策を取り、平野を敬遠して無死満塁となる。近鉄は代打に佐々木を起用するが三振。続く石渡の打席で近鉄ベンチはスクイズを敢行するが、江夏はスローカーブでこれを外し藤瀬が本塁手前で憤死。その後石渡も空振り三振に倒れ、ここに広島の初の日本一が決定した。, なお、球審の前川芳男が後年に語ったところによると、9回の時点で雨が降っていたため、もし9回終了時点で同点となった場合はコールドゲームとして翌日に再試合を行うことが検討されていた[15]。, なお、本来MVP受賞者にはトヨタ自動車協賛の乗用車が贈られるが、カープの資本関係上東洋工業協賛のものが贈呈された。, 翌年からは優秀選手賞に一本化されたため、日本シリーズでの打撃賞、最優秀投手賞、技能賞の表彰はこの年が最後となった。, 報知新聞1979年11月5日1面「やったぜ車と百万円 高橋慶 『最高の年です』一流の階段かけ上がる」, 日刊スポーツ1979年11月4日15面「あなたの社会部 なんでこうなるの!?近・広決戦 変ですネ 内弁慶シリーズ」, 日刊スポーツ1979年11月3日3面「どん底シリーズ 山本浩 衣笠 栗橋 平野 4人で1安打!」, 読売新聞1979年10月28日17面「言葉うわずる石渡」読売新聞縮刷版1979年10月p1063, 読売新聞1979年10月28日17面「SBO 山口の助け借りぬ!」読売新聞縮刷版1979年10月p1063, 読売新聞1979年10月29日17面「広島いぜん片目開かず」読売新聞縮刷版1979年10月p1095, 読売新聞1979年10月29日17面「SBO あの球を打つとは・・必ずお返しを 江夏」読売新聞縮刷版1979年10月p1095, 読売新聞1979年10月29日「アングル オレはエース、勝負だ 鈴木“セの主砲”山本浩を仕とめる」読売新聞縮刷版1979年10月p1095, 読売新聞10月31日17面「SBO 若ゴイ山崎、起爆の長打 プロ3年目、スイッチ実る」読売新聞縮刷版1979年10月p1175, 読売新聞1979年10月31日17面「右投手攻略はボクの役割ネ G砲ニンマリ」読売新聞縮刷版1979年10月p1175, 中国新聞1979年11月1日14面「福士 一球入魂の快投 自分で『満点です』初戦の屈辱 見事晴らす」, 報知新聞1979年11月4日1面「日本一へ燃える男の詩 井本隆 大舞台・救援(初出場)の経験実る」, 報知新聞公式ブログ「ブログ報知」2012年11月20日発信「捕手たちに育てられた昔の審判員(第708回)」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1979年の日本シリーズ&oldid=79881048, ニッポン放送(NRN・中国放送制作) 実況:鈴木信宏(中国放送) 解説:近藤和彦、長谷川良平 ゲスト解説:広岡達朗、, 毎日放送(NRN) 実況:三宅定雄 解説:宅和本司、米田哲也 ゲスト解説:中西太, 2020年6月6日に放送された特別番組『ラジオが伝えたプロ野球名勝負・名場面』では、広島のベンチに入っていた大野豊(NHK野球解説者)のコメントを交えながら、この試合の実況を収録した音源から「江夏の21球」に該当するシーンを全球にわたって再生した。, 文化放送(NRN・毎日放送制作) 実況:三宅定雄 (毎日放送) 解説:宅和本司、米田哲也 ゲスト解説:中西太.

イギリス ロンドン, Nhk 居留守 訴えられる, キラメイジャー ソフビヒーロー2, ロッテリア 時限クーポン, Dish 猫 主題歌, セリーグ 優勝確率, メゾンドフルール サンリオ, Line マイストーリー 作り方,