里崎智也 は29歳で迎えた第1回WBCにおいて、侍ジャパンの正捕手としてベストナインに選出される大活躍。 打率4割を超える打撃、さらに味方野手から「おまえのリードは怖い」と言われるほどの強気なリードで投手陣を牽引した。 巨人上原浩治投手の引退発表を受け、第1回WBCでバッテリーを組んだ元ロッテ里崎智也氏(日刊スポーツ評論家)が思い出を語った。 鳴門工業高校、帝京大学を経て、1998年ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。背番号22。 ルーキーイヤーから2度の手術後、約2年に及ぶリハビリを経験するなど、苦労していた。 強肩強打のキャッチャーで第1回WBCでは捕手のベストナインに選ばれ「世界一の捕手」と呼ばれることもある。捕球後の送球が非常に早く盗塁阻止率が高いのが売り。 特筆すべきは、通算1003試合で僅か19という捕逸(パスボール)の少なさ。実に52.8試合に1度という驚異的な数字で、1000試合以上出場した捕手 … お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 日刊スポーツ紙面でも活躍する評論家陣が、さまざまな角度から野球を詳しく、分かりやすく解説します。, 巨人上原浩治投手の引退発表を受け、第1回WBCでバッテリーを組んだ元ロッテ里崎智也氏(日刊スポーツ評論家)が思い出を語った。, 上原さんは僕が受けたことのある中で、一番いい投手でした。はっきり覚えています。2006年(平18)の第1回WBCの準決勝、韓国戦でバッテリーを組んだ時のことです。直球も変化球も構えたところに完璧に来るんです。, 当時のサインにはコースの指示やストライクゾーンを外してボールにしようというのはあったのですが、ストライクゾーンの中での高低の指示はありませんでした。低めにしか投げてこない投手もいる中、上原さんはサインの意図をくんで、李承■の内角高めに投げてきました。国際大会で、ミットを大きく動かして構える不用心はできません。わずかに高めにしか構えられない中で非常に助かりました。, あまりにも意図通りにボールが来るので「これはもし打たれたら僕のせいだな」と思いました。そんなことを試合中に考えたのは、後にも先にもその時だけでした。上原さんのことを全く心配する必要がなかったから、相手打線のことだけを考えればよく、僕にも余裕があったのでしょう。, 上原さんとバッテリーを組むことがなかったら、そんな境地に達することもなかったかもしれません。貴重な体験をさせてもらったことを感謝しています。本当にすごい投手でした。(日刊スポーツ評論家), (C)2020,Nikkan Sports News. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. 里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(捕手)。野球解説者、野球評論家、千葉ロッテマリーンズスペシャルアドバイザー、タレント、YouTuber。ビックリマン終身名誉PR大使。愛称は『サト』。所属事務所はレプロエンタテインメント 。 元千葉ロッテの評論家の里崎智也氏は、「僕は公表してもしなくても一緒だと思うんです。 公表した後に裏をかいて指名を変えるのなら戦略的に効果はありますけどね(笑)。 ... wbc優勝キャッチャーの里崎はどこ行ったんや .

おじさま と猫 公式, 東京タラレバ娘 Key 過去, 新潟東高校 合格 発表 時間, ジュウオウタイガー スーツアクター, スーツ2 あらすじ, 北信越選抜 サッカー, 将棋 社団戦 レベル, 永野芽郁 身長, ヒシアマゾン 血統,