外出張・赴任・留学に役立つ感謝の言葉 , 【韓国語検定攻略】韓国語能力試験TOPIK対策法はこれ!初級の人は○○○○を攻略しよう!, アイザックの韓国語講師インタビュー (1), サイトマップ(全記事/全タグ一覧). 韓国の玄関口の首都ソウルには、仁川国際空港と金浦国際空港という2つの大きな空港があります。両空港ともに、役割が異なっており、多くの人が2つの空港を使い分けています。今回は、韓国の首都ソウルにある仁川国際空港と金浦国際空港へのアクセスや特徴を比較してみました。, 韓国の首都ソウルには、世界各地からたくさんの人が観光やビジネスで訪れています。特に、韓国の中でも、ソウルや済州(チェジュ)などにたくさんの観光客が訪れて、ショッピングや観光地を巡っています。韓国を訪れる外国人観光客の数は、世界でも上位に位置し、韓国が観光に力を入れていることがうかがえます。, 韓国の首都であるソウルには、金浦国際空港と仁川国際空港の2つの国際空港があります。以前は、金浦国際空港が、韓国の主要な国際空港の一つでした。しかし、仁川国際空港が開港してからは、仁川国際空港が主要空港となっています。今回は、金浦国際空港と仁川国際空港についてそれぞれのアクセス面や特徴をみていきます。, 仁川国際空港は、ソウルから西に約50kmの位置にある韓国最大の国際空港です。仁川国際空港は、世界的にも有名で、世界一綺麗な空港、世界一のトランジットに便利な空港などの評価を受けています。仁川国際空港は、日本や中国などのアジアだけではなく、中東や欧米、南米などを結ぶフライトがあり、年間6000万人が利用しています。, 仁川国際空港は、金浦国際空港と異なり、国際線がメインの空港となっています。ピーチ、イースタージェット、エアソウル、チェジュ航空など日本でも馴染みのある格安航空会社から全日空、日本航空、大韓航空など大手航空会社が、仁川国際空港を離発着しています。, 仁川国際空港は、世界各地と結ぶフライトで乗り継ぎに便利なだけでなく、空港内に、ゴルフコースや温泉、ホテル、アイススケートのリンク、カジノ、映画館などを有しており、仁川国際空港を利用する乗り換え客も、次のフライトまでの時間でリラックスできるように工夫されています。, 仁川国際空港へのアクセスは、バスや電車、フェリーといった公共交通機関となります。しかし、フェリーでのアクセスは、空港から乗り場までかなり離れているので、あまり利用する人が居ません。今回は、シャトルバス、電車、そしてタクシーの3つのアクセス方法について見ていきましょう。, 仁川国際空港までのアクセスは、リムジンバスとなります。リムジンバスは、仁川国際空港とソウル市内と金浦国際空港、そして韓国の地方都市とを結んでいます。ソウル市内までは、最安でも10,000ウォンほどかかるので、鉄道より割高になります。ソウル以外の街に行く場合は、リムジンバスを利用すると便利です。, 仁川国際空港までのアクセスとして、最も利用されるのが電車です。ソウルの中心駅まで乗り換えなしで行くことができます。ソウル市中心部から仁川国際空港まで直通電車と各駅に停まる電車の二つがあります。仁川国際空港とソウル市内の間の直通列車の所要時間は、ターミナル1の場合は、43分、ターミナル2の場合は、51分となっています。, 仁川国際空港との間を結ぶ電車のターミナル駅であるソウル駅には、チェックインカウンターが設けてあります。ソウル駅でチェックインをでき、荷物を目的地まで運んでくれるサービスとなっています。現在は、アシアナ航空、大韓航空、チェジュ航空で利用することができます。, 仁川国際空港までのアクセスの手段として、タクシーもよく利用されています。ソウルの中心地である明洞まで約1時間半となっています。相場価格は、65,000ドンと割高ですが、複数人で利用する場合や荷物が多い場合には利用することをおすすめします。また、ぼったくりが怖い場合は、配車アプリのUber(ウーバー)の利用をおすすめします。, 仁川国際空港は、飛行機に乗るだけでなく、ショッピングや空港内を歩き回くことができるので、1日中楽しめるスポットとしても有名です。続いては、フライト前、他の国へ訪れるときや日本へ戻るときのトランジットの合間に楽しめる仁川国際空港のおすすめスポットをご紹介します。, 韓国伝統文化センターは、仁川国際空港の4Fにあります。韓国伝統文化センターでは、屏風、うちわ、箱などの韓紙工芸、木工芸家具など、韓国で昔から伝わる韓国伝統の工芸品を作るスペースがあり、無料で楽しむことができます。所要時間も20分と短いので、気軽に利用することができる仁川国際空港のおすすめのスポットです。, 続いての仁川国際空港のおすすめスポットは、スパオンエアーです。こちらは、地下1Fにあるので、トランジットの人は一度韓国に入国する必要があります。24時間空いており、シャワーやサウナだけでなく、韓国のアカスリもお得に受けることができます。湯船に浸かりたいという人にはおすすめのスポットです。, 最初におすすめスポットは、女性にも人気のある韓国の化粧品のお店です。仁川国際空港には、5つの化粧品専門店があります。また、仁川国際空港の免税品店も含むとたくさんの化粧品を扱うお店があります。ソウルで買い忘れた場合やお得に化粧品を買いたい場合に仁川国際空港内のお店を回ってみることをおすすめします。, 続いてご紹介する仁川国際空港のおすすめスポットは、1Fにあるスケートリンクです。空港内にスケートリンクというのはとても世界的にも珍しいと言えます。仁川国際空港のスケートリンクは、5000ウォンで利用することができます。営業時間は、朝10時から夜8時となっているので、スケートをしてみたいという人は訪れてみても面白いでしょう。, 仁川国際空港とその周辺には、トランジット利用者や早朝で出発したり、深夜便で到着した人向けのホテルなどたくさんのホテルがあります。続いては、仁川国際空港へのアクセスがよい仁川国際空港のターミナル内にあるホテルと周辺のおすすめホテルをご紹介します。, 最初にご紹介するインチョンエアポートトランジットホテルは、ターミナル1と2の両方にあるホテルです。ターミナル内にあるホテルなので、移動の時間はなく、直ぐにチェックインできるというのがメリットです。日を跨ぐ長時間トランジットの場合に利用することをおすすめするホテルです。, 続いてご紹介するのは、ベストウェスタン プレミア インチョン エアポート ホテルです。ベストウェスタン プレミア インチョン エアポート ホテルは、仁川国際空港ターミナル1から無料の空港シャトルバスで行くことができ、ジムやミニゴルフを利用することができるお手頃なホテルとなっています。, 次にご紹介するホテルは、インチョン エアポート ホテル クイーンです。インチョン エアポート ホテル クイーンは仁川国際空港から電車で2駅目の雲西駅の近くにあるホテルです。空港とホテルの間に無料のシャトルバスがあり、また、ホテル周辺には、ロッテマートや多くの飲食店が徒歩5分圏内にあり、とても便利なホテルとなっています。, 続いてご紹介するホテルは、ハワード ジョンソン ホテル インチョン エアポートです。ハワード ジョンソン ホテル インチョン エアポートは、地下鉄雲西駅から徒歩2分と便利な場所にあります。ホテル内には、プールやサウナ、そして、ホテル周辺には、コンビニエンスストアなどがあり、快適にフライトまでの間を過ごすことができます。, 仁川国際空港と同じく韓国の首都ソウルにあるのが、金浦国際空港です。金浦国際空港は、ソウルから西に15kmのソウルの真ん中に位置している空港です。2001年に仁川国際空港が開港するまでは、国際線が主でしたが、現在では、国内線と中国、台湾、日本への国際線のみの空港となっています。, 金浦国際空港は、仁川国際空港よりも首都ソウルに近くにあります。また、国内線のフライトがたくさんあるので、ソウルを経由して韓国の他の都市を訪れる場合には、とても便利な空港となっています。韓国の他の都市にいく予定がある人にとって、人気の空港となっています。, 金浦国際空港から首都ソウルへのアクセスは、シャトルバス、路線バス、地下鉄、タクシーとなります。ソウル駅から空港鉄道で約20分、路線バスで約40分です。時間を予測しやすいのが、電車となっていますが、たくさんの荷物がある人は、タクシーを選びます。それぞれの特徴をみていきましょう。, 電車を利用しての金浦国際空港までのアクセスは、仁川空港鉄道か地下鉄の利用となります。仁川空港鉄道の場合は、ソウル駅から一般電車で約20分となっています。ソウル駅まで片道1450ウォン(T-money利用)からとなっています。ソウル市中心部に早く移動したい人にとってはおすすめのアクセス方法となります。, 金浦国際空港には、地下鉄の駅もあります。地下鉄は、5号線と9号線が走っており、ソウル市内まで約45分と時間はかかります。料金は、1550ウォン(T-money利用)からで、5号線にある観光地の東大門市場や9号線にある高速ターミナルなどから金浦国際空港まで直行する人にはおすすめの方法です。, シャトルバスを利用しての金浦国際空港へのアクセスは、KALリムジンもしくは一般の空港リムジンを利用となります。KALリムジンは、ソウルのロッテワールドへの直行便のみで、運賃は、7500ウォンとなっています。一方で、一般の空港リムジンは、ソウル駅方面など3つの路線があり、運賃は、7000ウォンとなっています。, ソウル市民の足である路線バスを利用しての金浦国際空港へのアクセスは、鍾路5街方面やソウル駅方面などたくさんの路線があります。料金も、現金で1300ウォンからと他のアクセス方法よりも格安です。韓国語ができる、韓国の雰囲気を味わいたいという人にはおすすめのアクセス方法です。, タクシーでの金浦国際空港へのアクセスは、荷物がたくさんある人、複数人で空港に移動する人におすすめです。タクシーは高いというイメージですが、複数人で利用すると料金を抑えられます。金浦国際空港から観光の名所である明洞まで17,000ウォンからとなっています。価格交渉が嫌な人は、配車アプリUberの利用を検討してみてください。, 仁川国際空港と比べると、お店が少ない金浦国際空港ですが、金浦国際空港の周辺には、大型ショッピングモールのロッテモールがあります。帰国前や空いた時間、そして、追加でお土産を購入するときに利用することができます。続いて、ロッテモールでおすすめする訪れるべきスポットをご紹介します。, ロッテモール金浦空港の6Fには、金浦国際空港を一望できる展望台が設置してあります。展望台から金浦国際空港を離発着する飛行機を眺めることができます。飛行機が好きな人、写真が好きな人、そして、買い物で一休みしたい人は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。, 続いて、ご紹介するのは、ロッテモール金浦空港内にあるロッテマートです。韓国のりやハニーバターアーモンドといったお菓子、コスメ用品を購入するのにとても便利なお店です。ソウル駅前が有名ですが、金浦国際空港近くにもあるので、お土産が足りないというときに気軽に訪れることができるお店です。, 金浦国際空港は、仁川国際空港よりも国際線が少ないので、トランジット空港はありません。しかし、早朝のフライトで出発する人は、混雑などが予想されるので、近くのホテルを探すことになります。今回は、金浦国際空港周辺にあるおすすめのホテルを2つ取り上げてみます。, 最初にご紹介するホテルは、おすすめのホテルで取り上げたロッテモール金浦空港に併設されているロッテシティホテルキンポ空港です。空港から歩いて5分というとても便利なホテルです。また、ロッテモールが併設されているので、食事や買い物にも便利な空港周辺のホテルとなっています。, 次にご紹介するのは、ロイヤル スクエア ホテル ソウルです。ロイヤル スクエア ホテル ソウルは、金浦国際空港地下鉄5号線で1駅の松亭駅が最寄り駅となっています。駅からホテルまでは、歩いて1分という好立地にあるホテルです。ホテル周辺には、韓国の地元の飲食店などもあり、韓国で話題の料理やローカルのお店を楽しむことができます。, 金浦国際空港から仁川国際空港を経由して、他のエリアに行くときに、長時間トランジットする人は、仁川国際空港か近くの観光地を巡ることになります。今回は、金浦国際空港と仁川国際空港への両方へ便利にアクセスできる仁川空港鉄道と地下鉄5号線沿いにある観光スポットをご紹介します。, 弘大(ホンデ)は、韓国の若者の街としてとても有名な観光地です。仁川国際空港、金浦国際空港から仁川空港鉄道に乗って、1時間以内で行くことができます。弘大周辺は、24時間空いているお店がたくさんあり、韓国でも有名なおしゃれなカフェ、そしてショッピングを楽しむことができます。, 韓国にある仁川国際空港と金浦国際空港は、役割が異なっていますが、それぞれで特徴を持っています。両空港からソウルの中心地や有名な観光地までのアクセスも便利です。日本からの場合は、仁川国際空港と金浦国際空港の両空港へのフライトがあるので、使いやすさやソウル以外の都市にいくかどうかなどで使い分けることをおすすめします。, 韓国の空港「仁川」「金浦」おすすめはどっち?アクセスなどの特徴も比較!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。. 仁川国際空港(インチョンこくさいくうこう、韓国語: 인천국제공항 英語: Incheon International Airport)は、大韓民国仁川広域市中区にある国際空港である。首都・ソウル特別市の西48kmに位置している。2001年3月29日に開港し、大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空が拠点としている。, 開港と同時に、ソウル特別市の金浦国際空港を発着していた国際線が全て当空港に移転した。ソウルへの国際線空港として機能していることから、ソウル市外に所在しながら飛行機の行先では単に「ソウル」と案内されることが多い。現在、3本の滑走路が供用中である。, 毎年の航空業界評価会社であるスカイトラックス(Skytrax)の世界TOP100国際空港で常に最上位圏(1-3位)を占めている。 国際空港協議会(ACI)が主管する世界空港サービス評価(ASQ)では、世界最高のサービス品質を提供する空港として12年連続で選定された。, 容は後述するが、日本行き国際線は成田国際空港、東京国際空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港といった主要空港だけではなく、日本各地の地方空港と当空港を結ぶ便が多数就航している。このため、日本の地方空港から当空港の国際線各都市への乗り継ぎ空港として、よく利用されている[2]。また、韓国国内線は国際線乗り継ぎ専用便として、釜山、大邱の各路線がある(過去には、一般の国内線も運航されていたが、乗り継ぎ専用便に転換、もしくは廃止されている)。また、遅延等の理由により深夜に済州を出発し、金浦空港に着陸できなかった場合の代替空港となっている。, 大韓民国仁川広域市中区空港路424番通り47。仁川市街沖、永宗島と龍遊島の間に位置する埋立造成地。, 第1旅客ターミナルはイギリスの建築家テリー・ファレルの設計で、地上4階・地下2階建て、延床面積50万㎡、東西1060m、南北149m、高さ33m、総工費は 1兆3,816億ウォンとなっている。外観は空気と水の力学的な流れ、大型船舶の帆をイメージした柔軟なリズム感、そして安全性をイメージする芸術的造形美を取り込んで設計されている。また建物内部は経済・科学技術の発展をイメージし、最先端の設備を備えたインテリジェントビルである。, 仁川国際空港1ターミナル駅と短期駐車場、商業施設が設置されている。駅には空港鉄道と仁川空港磁気浮上鉄道が乗り入れている。地上2階、地下5階建てで、延床面積は25万㎡。航空機の翼や鳥を象徴するような屋根構造をイメージし、人々の安全を祈る韓国伝統の鶴の思いを込めて設計されている。また地に足を着けた飛行体をイメージしたこの建物は、空と地上を結ぶ意味が込められ、飛行機の運航の安全を祈願する意味を込めて設計されている。第1旅客ターミナルビルまで徒歩5分ほどと離れているため、無料の電動カートのサービスがある[5]。, ヒリム総合建築・ムヨン総合建築・ゲンスラーからなるコンソーシアムの設計により、2013年9月26日に着工[3]し、2018年2月開催の平昌オリンピックを見据えて、2018年1月18日に開業した[6][7][8]。第1旅客ターミナルの北側2.4kmの場所に位置し、地上5階、地下2階建、延床面積38万㎡、年間旅客処理能力1,800万人[9]、搭乗橋は37ヶ所設置される[10]。開業後は、年間旅客処理能力が4,400万人から6,200万人に増加する見込みである[11]。, 第2旅客ターミナルは、開業当初はスカイチームの大韓航空、デルタ航空、エールフランス、KLMオランダ航空が利用している[12]。2018年10月28日より、他のスカイチームのアエロメヒコ航空、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン、ガルーダ・インドネシア航空、厦門航空、チェコ航空、アエロフロート・ロシア航空も移転した[13]。, 既存の搭乗棟との間には、シャトルトレイン(スターライン)が建設された[14]。第2ターミナルへのアクセス道路(11.2km)、各ターミナル間の連絡道路(11.0km)も建設された[15]。第2交通センターも併設され[16]、空港鉄道の仁川国際空港2ターミナル駅が2018年1月13日に開業[17]、バスターミナル、短期駐車場(2,600台)が設置される。, 第1旅客ターミナルの北側に分館として「コンコース」(搭乗棟)が建設され、2008年5月27日より供用が開始された。地下を通る「シャトルトレイン」という新交通システムで、各旅客ターミナルとの間を約1分で連絡する。, 第1旅客ターミナルと、第2旅客ターミナルの間で国際線の乗り継ぎがある場合、コンコースでシャトルトレインを乗り継ぐことで、ターミナル間の移動ができる。, 中国/香港/台湾 北京/首都、上海/浦東、広州、大連、青島、天津、西安、長沙、昆明、牡丹江、済南、瀋陽、深圳、武漢、威海、廈門、延吉、鄭州、黄山、合肥、張家界[20]、南京[20]、杭州[20]、香港、台北/桃園, アジア ウランバートル、マニラ、クラーク[20]、セブ、ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、ニャチャン、バンコク/スワンナプーム、プーケット、チェンマイ、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、デンパサール、プノンペン、ヤンゴン、デリー[21]、ムンバイ、カトマンズ、コロンボ、マレ、タシュケント, ヨーロッパ・ロシア パリ/ドゴール、ロンドン/ヒースロー、フランクフルト、アムステルダム、ミラノ、ローマ、ウィーン、マドリッド、バルセロナ[22]、チューリッヒ、モスクワ/シェレメーチエヴォ、サンクトペテルブルク(季節運航便)、イルクーツク、ウラジオストク、プラハ、ザグレブ[23]、ブダペスト[24], 北アメリカ ニューヨーク/ケネディ、ワシントンD.C.、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、トロント、バンクーバー、アトランタ、ダラス/フォートワース、ヒューストン、ラスベガス、シアトル、ボストン[25]、ホノルル, 中国/香港/台湾 北京/首都、上海/浦東、長沙、長春、重慶、大連、広州、桂林、杭州、ハルビン、黄山、南京、青島、瀋陽、深圳、天津、西安、延吉、煙台、済南、塩城、台北/桃園、香港, アジア ウランバートル[30]、マニラ、セブ、クラーク、ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン、バンコク/スワンナプーム、プーケット、シンガポール、ジャカルタ、プノンペン、アルマトイ、ヌルスルタン、タシュケント, ヨーロッパ ロンドン/ヒースロー、パリ/ドゴール、フランクフルト、ローマ[31]、ヴェネツィア[32]、バルセロナ[33]、リスボン[34]、イスタンブール, 北アメリカ ニューヨーク/ケネディ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、ホノルル, アジア 青島、威海、石家荘、三亜、ジャムス、煙台[38]

オリックス 大嶋, 新潟商業 吹奏楽, 岡本和真 努力, 帯広大谷 サッカー, エリザベス女王杯 騎手, 将棋連盟 収入源, ヤクルト 野球, ダーツ スペクトラム アバンティ, リスグラシュー 子供,