最後は、遠山茂・前OB会会長の「閉会の言葉」で、「西野朗氏慰労会」は盛況のうちに終了した。「慰労会」の様子は、写真をご覧下さい。, なお、同日16時から同じ「ラフレさいたま」の4階ホールで、現役の男女サッカー部員180人を集めて、西野朗氏による「ミニ講演会」が行なわれた。当初30分の予定だったが、西野氏の話が熱を帯び1時間近くとなった。西野氏はロシアワールドカップへ向け日本代表の選手たちがどれだけ努力を積み重ね、どのような気持ちで戦いに臨んだかを語り、現役選手たちに良いパフォーマンスを発揮するために努力することを求めた。男女のキャプテンからは西野氏へのメッセージが読み上げられた。現役が退出する際には、西野氏は選手権予選に臨む男子と関東大会へ出場する女子、180人全員と握手し激励の言葉をかけていた。関東大会に出場する女子には、池田明史OB会長から栄養費として激励金が手渡された。, 2017年夏、南東北高校総体出場の際に、OBの皆様からいただきました寄付の一部を使い、西高グランドのシュート板を改修しました。, 仲西駿策・第2代監督にお聞きしたところ、このシュート板は、藤浪武三・初代監督時代に小川時雄コーチが、建築業の腕を活かし作ってくれたものとのことです。その後、傷みが目立つようになり、仲西監督時代の1973年頃に、再び小川コーチが全面改修してくれたそうです。この時は、小川コーチが最初に建てた時の部材を残してくれていたのでその部材を使い、費用は、浦和西高の同窓会である西麗会が負担してくれたとのことです。シュート板の色は、仲西監督が周囲の景観に合わせ緑色にした、と語られていました。 慈愛 :相手チームや審判に対する敬意を払い、支えてくれる家族への感謝を忘れない 今回、高校総体出場に際し、OBの皆様から総額250万円のご寄付をいただきましたが、残念ながら目標としていた準々決勝進出がならず、約50万円のお金が残りました。市原雄心・現監督とも使途を相談し、穴の空いた状態になっていたシュート板を改修することにし、18年4月にようやく完成しました。費用は、高校総体の寄付の残金だけでは足らず、毎年いただいておりますOB会費から少し支出し、サッカー部OB会で全額負担しました。色は、市原監督がチームカラーの青色を選び、表に市原監督が常日頃、選手に言っている「絶対無二の一蹴」というスローガンを掲げました。, OBの皆様には、西高グランドに足を運んでいただき、皆様のご厚意で改修することができたシュート板を、一度ご覧いただけたら幸いです。, 高校総体の1、2回戦が全国高体連公式インターハイ応援サイトである「インハイtv」で見ることができます。仙台まで応援に来られなかったOBの皆様には、ぜひこの動画サイトで現役選手たちの戦いぶりを見ていただければ幸いです。, この他にも、埼玉サッカー通信、高校サッカードットコム、ゲキサカ、WEBオーレ!埼玉など、ネット系サッカーメディアで、高校総体での西高の戦いぶりが報じられています。詳しくは、【保護者会のHP】からご覧下さい。, 昨日の4校対抗戦、多くのOBの参加があり誠にありがとうございました。試合の方も例年になく、AチームもBチームも決勝進出となり両方優勝かと期待されましたが、惜しくも1位と2位という結果でした。仲西先生、小川さんも顔を出していただき感謝しております。, 来年以降もぜひ大勢の参加を期待し、現役諸君を励ます意味でもW優勝目指し頑張りましょう。また、他の3校に負けないよう人工芝化の方もご協力お願いしたく思います。, 2020年11月3日(火・祝日)に開催予定の第20回浦和4校サッカー部OB交流会は、予定どおり本日8時00分から浦和南高で実施いたします。, 35歳以上のOB会員の皆様には、すでにハガキでお知らせしてありますが、2020年11月3日(火・祝日)の8時からさいたま市立浦和南高グランドで、第20回浦和4校サッカー部OB交流戦が行われます。, 今回は、田嶋幸三・日本サッカー協会会長(浦和南高OB)と村井満・Jリーグチェアマン(県立浦和高OB)という、日本サッカー界の2トップが来られる予定です。当日は、西高サッカー部の団結力をサッカー界の2トップにお見せしたいので、多数のOBの参加をお待ちしております。なお、西高からは黛俊行・日本サッカー協会理事(1974年卒)に参加をお願いしてます。, 第99回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選は、本日2020年10月24 日(土)に3 回戦が行われた。西高は第2シードの西武台高と対戦し、2対3(2対0、0対3)で逆転負けを喫した。昨年も西武台高に、このベスト8をかけた戦いで敗れており、雪辱はならなかった。, チーム関係者によると、試合は前半の中盤に、西高がCKとFKから2得点を上げたが、後半は開始から5分間で西武台高に2点取り返され、その後、西武台高に3点目を奪われ、西高も反撃に出たが決定機を作れず、追い付けなかったということだった。試合の流れは、前半は互角の戦いだったが、後半は西武台高の鋭い出足にボールを奪われ、何度もカウンター攻撃を受け、前半のリードを守りきれなかったとのこと。, なお、今大会は新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため無観客で行われていて、試合時間や会場は公表されていない。, 第99回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選は、本日2020年10月18日(日)に2 回戦が行われた。西高は、大宮南高と対戦し、1対0(0対0、1対0)で勝利した。この結果、西高は24日(土)に行われる3回戦で、第2シード校の西武台高と対戦する。昨年も西武台高とは、ベスト16で戦い敗れているだけに、今年は何としても雪辱してほしいものである。なお、今大会は新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため無観客で行われていて、試合時間や会場は公表されていない。, 第20回浦和4校サッカー部OB交流会を下記のとおり開催します。 優勝を目指し多くのOBの皆様にご参加いただきますよう、お願いいたします。                    浦和西高サッカー部OB会会長 今井 敏明, 第99回全国高等学校サッカー選手権大会の埼玉県予選は、本日2020年10月11日(日)に1回戦が行われた。西高は、山村国際高と対戦し、4対1(2対0、2対1)で勝利した。この結果、西高は18日(日)に行われる2回戦で、大宮南高と対戦する。なお、今大会は新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため無観客で行われていて、試合時間や会場は公表されていない。, 今後、さらに多くの皆様が集まれる場にするよう努力いたします。先ずは各学年での横のつながりを高めていただき、上下の方々と結びついていただければと思います。これからも皆様方のより多くのご支援、よろしくお願いいたします!, コロナ禍で社会情勢も変化してきている今日ですが、我々の母校、浦和西高校のさらなる発展に少しでも寄与できればと思います。このブログもずいぶん更新が滞り誠に申し訳ありません。なかなか現役諸君の雄姿を見られず、記事がありませんでした。早くコロナが収束して、通常の試合運営に戻って欲しいと願っています。改めて、女子の皆様もご参加いただき、重ねて御礼申し上げます。, 西野氏は西高の女子選手へ話すのは初めてだったので、女子部員が40人もいるのに驚いていました。, 西野氏がワールドカップの舞台裏について話し出すと、高校生も興味津々で聞いていました。, 西野氏は、日本代表選手が日々の練習で少しでも上手くなりたいと努力している様子を、熱く語り始めました。, 西野氏は、代表選手でさえ練習で、日常生活で、もっと上手くなりたいと努力しているのだから、「いい結果を得るためには、(君たちは)今以上に努力する必要がある」と伝えていました。, 男子キャプテン・唐牛七海君から西野先輩へメッセージが読み上げられました。緊張していたのが伝わってきました。, 女子キャプテン・菊池 薫さんからもメッセージが読み上げられました。菊池さんは、唐牛君以上に緊張していたかもしれません。, 池田OB会長が、関東大会(2018年10月27日から)へ出場する女子を激励し、キャプテン・菊池さんへ栄養費を渡しました。, 現役選手から西野氏へ「なぜ14番が好きだったのですか?」との質問。西野氏は「クライフが好きだったから」と答えたのですが、21世紀生まれの現役選手たちはヨハン・クライフを知らないようでした。, 17時10分前になったので、西野氏のミニ講演会は終了。西野氏は会場を出る現役選手全員を握手で激励しました。女子選手からは「今日は手を洗わないようにしよう」という発言が聞こえて来ました。保護者に「西野さんはダンディーだった」と伝えた女子選手もいたようです。, 相変わらずカッコいいですね。後輩たちからは「あのカッコ良さは反則です」という声も出ていました。, 仲西監督は「ベルギー戦で2点取った後に、どんな指示を出したのか?」など、ジャーナリストでも躊躇するような厳しい質問を連発し、会場を大いに盛り上げてくれました。, 窪田副会長は村井Jリーグチェアマン(県立浦和高サッカー部OB)のメッセージを読み上げて下さいました。, 西野氏と同期生。右から柳沢光弘氏、岡田一浩氏、西野朗氏、関口栄一氏、野間薫会副会長。人見敏明氏が二次会の終わり頃、駆け付けてくれました。, 林昭雄氏がインターハイ出場を決めた西高サッカー部をサッカー専門部長として表彰できた「幸せ」を語ってくれました。, 当日参加してくれた女性会員。右から小田郁子・初代マネジャー、石井汐里マネジャー、今橋佑紀マネジャー。, 今橋佑紀氏と石井汐里氏は、西野氏の同期・黛俊行監督(この日は仕事で欠席)の教え子。, 2017年にインターハイ出場を決めた時の主力選手たち。右から田中隆太郎氏、高橋岬生氏、佐藤功大氏。, 背中には名前とともに西高のエースナンバー14が、表の胸の部分には「UN」と入れられています。, 浦和西高のスタッフたち。市原監督、加藤コーチ、中島康夫教諭(南高OB)、大津康貴トレーナー、鈴木康和樹GKコーチ、佐藤宏樹コーチ(西高OB)、黒崎直樹コーチ(西高OB) 令和元年9月 1日(日)16:00受付/17:00開始

増田陸 高校, 中体連 サッカー 第一 支部, 西岡剛 現在 ロッテ, ブルガリアヨーグルト キャンペーン 当選報告2020, 警視庁捜査資料管理室 見逃し, 東海学園大学 サッカー メンバー, 三輪 緑山 サッカー, ウイニングポスト9 2016, サンライズノヴァ 森, 3歳牝馬 番付 2020,